7月 収納 湿気から着物を守る


 11月〜3月の虫干しの季節が過ぎて湿度の高い季節になりましたの、今回着物を湿気から守るタンスへの収納方法を。
基本的に部屋の中は下に行くほど湿度が高いので、
 上の引き出しには黒留めそで、八掛や胴裏、比翼などが付いているので湿気がたまりやすいので1番上の引き出しに…、又、思い出の多い着物なども同じです。
 中段には合わせなどの着物や帯芯の入って居る帯を。
 下段の引き出しには薄物、単衣、絽、紗など裏のない物、単衣の帯、裏地のない帯を。
そして、注意する点はウールなどの絹物以外の着物は別に分けて収納することです。


posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品