着物で寒い冬を温かく過ごす智慧。


 師走です、本当に寒い毎日ですね、節電も…着物を着て温まりませんか。

 体のためには、冷えは大敵です、身体を温かく保つ為にもきものを着ては如何でしょうか…。

 幸い着物はヅン胴(筒胴)が最適なのです、着物を着る時、そのためにわざわざ布を巻いたり、腰バットで補正をしますねー、補正時にウエストから胸まで腹巻きを利用すれば…着物はあったかさが増します。今はヒートデックを利用した腹巻きも出て居ます、腹巻きは丈が長く自分の必要に応じて折ればぴったり治まります。腹巻きでお腹を温めれば体温は1度上がると医学雑誌に書かれて居ました。冷えは美容の大敵です。(寒さで顔や手は皺なります。)体温を保つポイント「お腹、腰」「手首、首」ですので、首は大判ショールで…。

 これでお腹、腰、首等がカバー出来 おしゃれでぬくぬく過ごしませんか…?。

和装、洋装にも使用でき重宝です。


    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品