夏の後始末 汗の手入れ汗の見つけ方


 暑い夏が終わりました、これから気持ち良くきものを楽しめますねー。でもチョット…夏物のお手入れはもう済ませましたか…?。
 きものを着ると知らない内に汗をかいて居ます、肌着や襦袢、帯締め、帯とあれだけ着付けて居るのですから汗をかいて当然。でそのあとは…???。
 汗は乾けば大丈夫なんて思うていませんか、これは大変怖い考えです、汗は塩分です、きもの(絹)はとても塩分に弱いのです、ほって置くとすぐに黄色く変色します、さらにほって置くと引っ張ると破れます、だからきものを着て汗をかいた場合は汗抜きをしてください。汗は一度乾くと見つけにくいので用心です。
 汗をかいたか、かかなかったかの見つけ方
 着用後きものを風通の為ハンガーにかけて吊るししわを取りますが、でもなかなかしわの取れない場所、帯下や膝裏、袖付け場所など、それは汗(塩分)のせいで、しわの取れないところが汗の後です。
 汗が浸透している場合は当人も自覚が有るのですが、蒸気になって浸透している判らない、でもきもののしわが取れにくい場合は汗が原因の場合が多いので汗抜きをした方がいいでしょう。
 汗は水洗い流すのが一番です
 
 
 
posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品