古い(何十年前)シミ・黄ばみは直るのか…?。


 よくあるのですが着物好きの人と話していて、古い(何十年も前の)シミ・変色したシミは直るのか?と云う話が出ます、 確かに、変色してしまったシミが落ちるのかどうか、当然の疑問だと思います。
 まず、シミは大きく分けて二つに分かれます。一つは、単に何かが付いてシミになっているだけの状態。この状態のシミは、ほとんどの場合、生地を傷めたりすることなく落とせます。(ただし、インクや墨汁などが大量に付着した場合、落ちないことがあります。)
 もう一つは、シミが付いてから長い時間が経ち、生地や染色した色を変色てしまっている状態です。この状態のシミは、前述の付いただけのシミよりも難易度が格段に上がります。店でご相談された際に、古いシミや変色したシミは「直らない」と断られてしまうことが非常に多いようです。 では、古かったり変色してしまったシミは直らないのでしょうか…?いえ、決してそんなことはありません、確かに変色したシミを落とすことは簡単なことではありません。シミによって生地が弱っているようなことがなければ、お着物の色合いなどにもよりますが、現状よりも改善出来る場合がほとんどなのです。
 ではなぜ、多くのお店では直らないと言われて断られてしまうのでしょうか? それは、「古いシミや変色したシミの染み抜き・染色補正は、非常に手間がかかって割に合わないので、断った方が楽だから」です。 経営的に考えれば、手間のかからない仕事を数多く仕上げた方が、売上を簡単に上げることが出来るからでしょう。 私も昔、終うときにしみを見つけられずに黄変色をさせて(大好きなきものでしたので)悔しくていろいろな黄ばみを取り除いてくださるお店を探して、幸いきれいになりました、
 大切なお着物のシミで困っておられるときは、まずはいろんなお店にご相談、腕の良い染色補正師がきっと見つかります。

posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品