きものの黄ばみ考


 着物の胴裏の黄ばみについてのお話です。基本的にお着物の裏地である胴裏は、白物(羽裏は違いますけど)のでが、時間の経過と共に、黄ばみ(黄変)が発生します。
 黄ばみの状態には、大まかに分けて三種類あります
・ 一つ目が、全体的にうっすら黄ばんでいる状態。
 絹は、元々真っ白ではなく精練(せいれん)という作業を経て、皆さんがご存知の白さになります。絹の白さは、いわば漂白して強制的に白くしている状態なので、時間の経過と共に、空気中の酸素と結合して、元の黄色みを帯びた色に戻っていこうとします。(酸化黄変)この状態の場合は、見た目にはあまり良くありませんが、
急激に表地に悪影響を与えることはありませんので、そのままにしておいても特に問題はありません。
又、現在流通している胴裏用生地は、黄変防止加工を施して有ることが多く、急激に黄ばむことはないです。
・ 二つ目は、斑点のような黄変が所々発生している状態。
 明らかにシミのような状態で、斑点のように胴裏にシミが発生している場合は原因は、カビである可能性が非常に高いです。おそらく、カビの発生直後は目に見えない状態だったのですが、時間の経過と共に、カビのシミが変化して生地を黄変させた状態です。
このような場合、カビの菌がまだ潜んでいる可能性もありますし、さらなる時間の経過と共に表地への悪影響も懸念されますので、出来れば、胴裏を新しい物に取り替える方が良いと思います。
・ 三つ目は、全体的に濃い黄色もしくは茶色に変色している状態です。
 このような状態がなぜ起こるかと言いますと、昔(今でもありますが)の胴裏の生地の中には、目方を重くする(上物に見せる)ために、増量剤という一種の糊を含ませてます、そのような生地の場合、その増量剤自体が激しく酸化黄変を起こし、生地自体も変色させてします。しかもこの場合の変色は、かなりの確率で表地に悪影響を与えます、こうなってしまうと、手当はありません、出来るだけ早く胴裏の交換をお願いします。
 変色が裏地で留まっている間は生地の交換で解決するのですが、表地に影響を及ぼした場合、状態によっては元に戻せないこともあります。しかも、増量剤によって変色している場合、染み抜きなどで濡らすと、黄ばみが表地に移ったりしますし汗をかかれても、表地に移ります。
 いろんな品がありますがいづれにしても自分に合ったお店(悉皆店)を見つけることが大切です。

posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品