思い出の七五三の着物を着せる


 子様用の着物は、それを着用するイベントの時以外は保管されっぱなしのことが多く、使う時期を前に出してみると全体に変色したシミだらけということが少なくない、お着物の生地自体の薄さなどから生地があまり丈夫でないことが非常に多く、変色したシミを染み抜きする場合や、シミが濃い場合などは、シミが落ち切らないことや生地を傷めることが多い。
  また、下に着るお襦袢ですが、これも長年保管されている間に全体的な黄ばみが出ていることが多いのですが、お襦袢の生地は着物より生地が弱いので、染み抜き自体が難しい場合がほとんどです。で、お襦袢を綺麗にしたいと思う場合は、新しい生地で作ることをお勧め、同じサイズの物を誂えることになります。
 そして、クリーニング、染み抜き料金についてですが、お子様用のお着物は小さいのですが、染み抜きの難易度や箇所の多さなどから、比較的高額なお見積りになることも少なくありません。例えば、お着物の全体にシミがあって染み抜きとクリーニングをした場合、3万円くらいから5万円くらいになる場合もあります。
 ご自身やお子様などが着られた物を出来るだけ綺麗にして子や孫に着せてあげたいということになるのですが、もしそのお着物にあまり思い入れがないということでしたら、新たにお買い求めになるのも一つの選択肢であると思います。




posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品