きものクリーニング、安いばかりが良いとは限らない


 着物のクリーニング料金に上下の開きがあります?同じ事であれば、絶対に料金が安い方が良いに決まってますよねー。
 所で「手間賃仕事」て言葉はご存知でしょうか?これ人の手で手間暇かけた作業工程で、その手間に応じた料金仕事のことです。
 着物のクリーニングや染み抜きという仕事は、まさにこの「手間賃仕事」、なぜ、同じ手間賃仕事なのに、安く出来るお店があるのでしょうか?
 着物クリーニングや染み抜きは、ご存知の通り機械化出来る部分はほとんどありません。では、激安料金のお店はどうやれば安くすることが…?。
 そう、まことに悲しい事実ですが、手間賃仕事である着物クリーニングで、激安とも言えるような料金で利益を得るには、お着物を綺麗にするためにかける手間を省くしかないんです。
「着物をクリーニング(丸洗い)に出したのに、衿や袖口の汚れの落ちが…?」そんな苦い経験をされた方はいらっしゃいませんか?
 着物を綺麗にするためのクリーニングなのに、どうして…?、それは、「下洗い」という作業の有無です。着物を着用された際は、衿と袖口がどうしても汚れてしまいます。原因は、ファンデーションや皮脂汚れ、汗など。
 これらの汚れのうち、汗以外は、軽いものであれば、丸洗いだけでも落ちますが、ある程度濃い目に付くと、部分的に汚れを落とす必要がありますので全体を洗うだけでは汚れが残ってしまいます。、
 さらに、汗の場合、クリーニングだけでは全く落ちないのですので着物のクリーニングに誇りを持っている業者は、クリーニングを行う前に、手作業で汚れや汗を落とします。それが、「下洗い」の作業です。この作業を行なっておくと、汚れが残りませんし、汗による経年劣化もかなり起こりにくくなります。
 お着物の衿や袖口の汚れがほとんど落ちずに仕上がってくる業者は、お着物を業務用の洗濯機に放り込んでボタンを押して、あとはアイロンをかけているだけです。
こうゆう手間が激安店の現状です。
 きものクリーニングは巨大な洗濯機のような機械で、水ではなく、着物専用のクリーニング溶剤液で洗っています。1回洗い、2回洗い、3回洗いとお店によって違いが在ります。
 クリーニングの工程において、溶剤液を新しい物に入れ替えながら1回だったり2回、3回だったりと洗って、着物の汚れを綺麗に落とすします。そして仕上げのアイロンかけて終了です。
 いかがですか着物クリーニングのいろいろ…まずは信頼のおけるお店を持つことが1番でしょう。








posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品