注意事項 汗は早めが肝心です


5月も中半となり、そろそろと夏が近づいてきましたね。
 お着物は、袷から単衣に変わる季節です。秋まで仕舞われる前に、シミなどがないか点検してからタンスに入れてください。
 もしシミを発見したら、早めに染み抜きを行うことをオススメいたします。付いただけのシミであれば落としやすいので、手間仕事も少なくて済みますので、結果的に染み抜き料金も安くなります。
 そして、衿や袖口、胸元などは汗をかいている場合が多いので、汗抜きを行なってから保管されるととても安心です。
 そうすれば、保管中に大切なお着物の衿や袖口などが黄ばんで…と防げます。
一寸の気配りで次の着用時に気持ちよく装うことが出来ますので是非共汗に注意をしてください


posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品