きものの染色補正について


 大切なきものの色抜けなどで悲しい、悔しい思いをすることがあります。このような時にお世話になるのが染色補正士です。
染色補正の歴史
 染色補正は、約280年前、享保14年、第114代中御門天皇の代に、朝廷をはじめ、公家、女官の着用する礼服など染織品の御用を承っていた御所出入りの業者が、染色工程上発生する汚点または難点を除去し 納品の完全を期するために調整方を設けて処理する必要から発達しまし、当時は御手入師と呼ばれました。
 これを契機として、呉服問屋、専門店等から調整の依頼が多くなり、いろいろな派が出現しました。
このように我が国染色文化と歴史の中で磨かれた技法が代々継承されて染織界に大きく貢献してきたましたが、近代にいたって 繊維製品の発達、染料等の進歩に伴いこれに対応して伝承されてきた技法に加え、さらに高度な学理的専門知識の必要が生じ、職業訓練校の設置、 国家技能検定の実施等技能者養成に力を注いで業種も「染色補正」と国家から表され多数の技能士が誕生し、業界で消費者の要望にお応え活躍しています。
一般衣服の加工途次、管理保管中あるいは消費者の着用後の処理など、染色の不備または月日の経過によって自然的、人為的に 汚損の生じることは、染織品の避けることのできない宿命といわれています。
 染色補正とは、これら一旦損傷した染織品の生命力を延ばすために、特別な技術をほどこし、経済的価値を復元するきものの治療医学というべき手当で、染色分野における欠くことのできない重要な技術です。
 染色補正技能士とは…、技能検定に合格しないと名乗ることはできない名称独占資格です。

 以上のように染色補正技能士の方により、私たちの保管、着用後の色抜けなどの処理(修理)が的確になされますので、これ…?と思うと早く専門家に相談をすることをお勧め。
posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品