小紋とは…?。


小紋とは…?。

 小紋とは同じ柄が繰り返し染められている反物を言い、着用は普段のお買い物やお茶のお稽古などでお召しになれます。
 また、格のある柄の場合、帯に格を持たせて、附下のように準礼装としてお召しになれるものもあります。
そして、小紋の中でも非常に細かい柄で遠目に見ると無地に見えるものを江戸小紋と言います。江戸小紋は、元々は武士の裃に使われた柄が元になっており、紋を入れると準礼装として無地と同格のきものになります。
帯は八寸、九寸なごや、洒落袋帯などを合わせます。
 とても便利で使用の機会の多いお着物です。


posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品