東西で違う帯結び


 歌舞伎の公演を見ていたら、帯の結び目の向きが違うのに気付いた。以前から右巻きと左巻きがあるのは承知していましたが上方歌舞伎と江戸歌舞伎では違うらしい。着物や帯の柄も単色で渋めの色合いが多い関東に対し、関西では雅(みやび)ではんなりした柄が好まれるらしい。

 帯を結ぶ時自分の体を中心に反時計回りに巻くのが「関東巻き」、逆に時計回りは「関西巻き(上方巻き)」と呼ばれる。
  一般の人はどうか…?。最近は全国の着物着付けコンクールなどが関東巻き行われていますし、関西の教室でも関東巻きで教えることが多いそうです。
 なぜ東西で逆になったのかは「武士が左脇に刀を差すのと関係があるのではないか」と分析されています。武家社会の江戸で手先が左側にくると、刀を差すとき邪魔になりかねない。一方、町人、公家文化の上方ではその必要はなかったとか…。。
 他の説、昔、細かった帯が江戸時代頃より太い帯幅に変わったので、太い帯は締めるのに力がいるため、右利きの人は右から左へ帯を回すほうが力を込めやすいからだそうです。また、現在、関東巻きが優勢なのは右利きの人が多いことも理由のようです。
 なんの気なしに昔から左方に手をおいて「関東巻き」で着つけていた私は関西生まれです…
 マー、なにはともあれ帯の前の模様が上下にあるのがなぜかよくわかりました。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《いつ子様リクエスト》"帯のお直しと帯の洗い張り"
価格:15984円(税込、送料無料) (2017/12/11時点)






posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品