仕立て方で着物の表情が変わる


◎ 仕立て方で着物の表情の変ります

 着物は一枚の反物を裁断し、縫い合わせて仕立てられます。3丈(約11.4メートル)×1尺(約38センチ)の反物を余らせること無く、将来に寸法を変更できるように布を大切に扱ってきた日本民族衣装です。
 訪問着や留袖など、いわゆる「絵羽モノ」は仮絵羽になっておりますし、元からどの柄がどこに来るのか想定して作られていますのでまだ仮絵羽にもなっていないフォーマル用の着物はどこで裁断するかという目印が付けられています。ですから誰が仕立てても全く同じ仕上がりになります。
 でも小紋などは裁断する目印などは一切ありませんので和裁士のセンスが問われる商品です。もちろん柄の配置が決められている訪問着や留袖などの絵羽モノと違って和裁士に任せると間違いはありませんが、逆にどこにどんな柄を持っていけばいいかを考える和裁士の腕の見せ所です。
 こういった反物の場合は更に注意が必要です。これは左右で色が違いますので仕立て方によってガラッと表情が変わります。
◎ たとえば縦ガラの柄合わせ

 ・ 柄あわせ送り(追っかけ)
IMG_0955.JPG

 ・ 柄あわせ開き
IMG_0953.JPG


 左右で色の違う反物はこのどちらにするかを自分でえらぶ、どっちがいいかわからない、という場合は柄あわせ2のいわゆる「追っかけ柄」と言われる方を選んでおくと無難でしょう。いずれの裁ち合わせにするにしても顔に近い衿にどどの色を使うかが重要ですので、まずは衿にどちらの側を使うかを決めて裁ち合わせを決めていきましょう。着物の裁断は衿が決まると衽も自動的に決まるので(衿の生地の反対側が衽の生地になす)、そこから柄合わせを決めるのが常識です。
 又、格子や七宝などいろいろな柄がありますがピタッと柄を合わせた穂がお好みの方もいらっしゃると思いますがこのピターという合わせ方は本当の所とても難しい、反物の染柄でもメートルずつ進むと柄がピタッと会う事は至難の業です、まして織物の場合は特に…席を外す、座すと微妙に違いが出てきて1メーター、2メーターと進むと…、よほどの熟練者でも…です、まして機械織りの場合近くで電気製品を使用するだけで電圧が変わり織り方が微妙にづれて行きます。ですので中途半場になるより、私はどちらかというと柄合わせをせずに外すほうが好きなんですが、ピタッとするのがお好みの方もいらっしゃいますしこればかりは人それぞれでこれが正解というものはありません。
 柄合わせは着物初心者にとっては少し難しいですがせっかくの誂えなんですから最高のお気に入りの一
枚にするためにも挑戦してみることをお勧めします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

京仕立 手縫い 長襦袢
価格:19440円(税込、送料無料) (2018/1/10時点)





posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品