リサイクルの着物選びの場合、妥協は大事 @


・リサイクルの着物選びの場合、妥協は大事

 リサイクルきものは別の方の体に合わせて仕立て上げられてたものです、当然ながら自分の寸法にぴったり!なんてことはありえません。しかしながらなぜこれほどリサイクルきものの人気があるのは、それは洋服と違ってきもの自体がかなり寸法の融通が利くからなのです。
きものの身丈はおはしょりでかなりの調整ができますし、身幅も打ち合わせになっているのでかなり調整の幅が広く、ワンシーズンで着れなくなってしまった、なんてこともありません。まあその分きものばかり着ているといつの間にかウエストが太っても全く気づかない事もありますが…。
 とはいえ、いくら調整が効くと云っても、なんでもいいわけではありませんので寸法のことをきちんと理解してどこを妥協して、どこを重点的に見るべきかを見極めること。きちんと合わせたい場所とある程度どうでもいい部分等いろいろいろ、正しく理解するときものの選択の幅が広がります。

・身丈

 まずは身丈です。この身丈の測り方で長さが変わってきます、一つは肩から、二つ目は背からです、のでもし寸法表に肩から、背からと書いていない場合は必ず店の方ににどちらの寸法かを確認して購入して下さい。背からの寸法ですと繰越の大きさによって身丈が変わってきますので、一般的には肩山から裾までの寸法を採用している店が多いとは思いますが稀に背からの寸法を採用している店ありますので注意が必要です
通常は身長から±5cm程度が無理なく着用できる範囲とされておりますが、昔は身丈は現代よりもやや短めに仕立てられていたため、リサイクル品は全体に身丈が短めですのでリサイクル品を楽しむためにはある程度身丈が短いものでも上手に着用できるよう練習してください、そうすると選択幅は広がると思います。
「身丈直しをしたい」と云う希望について、裾をチョッキンと切ってしまうだけなら比較的安く済みますが、その方法ですと妻下の長さだけが短くなりますので、1寸(約4cm)以上も短くしてしまうと身丈と妻下のバランスが崩れ、着姿が見苦しくなりますのでしないほうが無難です。しかしながらきちんと仕立て変えるのであれば、長くするにしても短くするにしても腰のあたりの内揚げから出入れるかしかないので縦の縫い目を全てほどいて衿も外してバラバラにして縫い直す必要があり、すると当然加工代も高くなってしまいますのでよほどいいきものでない限り、身丈直しはお勧めいたしません。

・身幅
 
 身幅はこれこそ一番自由度の利く部分です。標準的な寸法は衽幅4寸(約15cm)、前幅6寸(約22.5cm)、後幅8寸(約30.5cm)となりますが身幅は着る人が自由に調整しながら着用するものなのでかなり自由ききます。目安としては痩せ型…前幅6寸(約22.5cm)程度、後幅7寸5分(約28.5cm)から8寸(約30.5cm)程度(前幅は6寸より狭くすることは比較的少ないです)標準体型…前幅6寸(約22.5cm)から6寸5分(約24.5cm)、後幅8寸から8寸2分(約31cm)程度ちょっとふくよか…前幅6寸5分から6寸8分(約25.5cm)、後幅8寸から8寸2分程度かなりふくよか…前幅7寸(約26.5cm)以上、後幅8寸5分(約32cm)以上でしょうか…?。もちろんいろいろな着方が有りますので、あくまでも目安です、きもの選びの参考にして下さい。

・袖丈
 着物でいう袖丈は洋服の袖丈とは違い袖山から袖の下(振り)までの長さで、洋服の袖の長さ(着物でいう裄)とは違います、標準は1尺3寸(約49cm)ですがリサイクルのきものの場合、現代のようにほぼ全ての着物が1尺3寸固定ではなく1尺2寸(約45cm)から1尺5寸(約57cm)それ以上の長さの物も有ります。
注意点は長襦袢を選ぶとき、着物寸法が49cmでしたら長襦袢寸法の袖丈は48cm程度で着物の袖丈よりも少し短めになります。袖丈49cm丈の寸法はあくまでも着物の寸法であり長襦袢の寸法はその内側の寸法できもの袖丈よ同じように羽織やコートも49cmの長着に合わせるものは袖丈を少し控える48cmの丈のものが必要です。

・裄

 裄はリサイクルに限らず、きものの注意ポイントです。身丈はや身幅は着方で調節することはでき、袖丈も多少寸法が違っても振りのあたりから見えるだけで目立ちませんので多少寸法が合わなくても着用できるますが裄だけはNG。一般的には着方での調整はしにくい場所ですので他の部分よりも注意が必要です。
要は袖口から長襦袢が出なければいいので、どうしても気に入った着物の裄が自分の手持ちの長襦袢より短かった場合でも長襦袢の肩の部分を少し糸でつまんで裄を短くするなどで回避することはできます、夏物は薄いので糸やピンで留めた部分が透けたり、段差が見えてしまう場合がありますので要注意です。もちろん着物の裄のほうが長い場合はよほど寸法が違って振りから長襦袢がベロンと出てくることではない限り、気にする必要はありません。
又、裄直しも全ての着物が希望通りに出せるわけではありません、基本的に古い着物反物は幅が狭いため手の長い方の裄丈は出ないこともまま有ります。目安としては66cm程度まででしたらよほどのことがない限り大丈夫ですが、それ以上は難しいと思います、もちろんリサイクル着物であっても親の時代に作られたものから1年前に作られたものまで様々な年代のものがありますので一概には言えません。
posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品