リサイクルきものの裄を直す


ネットでお直しを依頼する時の注意点

 リサイクル着物は大体において裄が短めなことが多い。昔の着物は裄が短めでしたが現代の一般的な裄である66cm-68cmから比べ色々な要因があると思います。
・現代人は体格が良くなり手足が長くなった。
・洋服の裄と同様に着物の裄も長く着用するようになった。
・衿をキッチリ詰めて着るようになり裄丈が長くなった。
まず、背が高くなって手足が長くなった為、当然昔の着物の裄では短くなります。また、手首までかかる洋服の影響で、着物も同じくらいの裄の長さを求められます、又、昔はきもので普段の生活で裄は短めで着て居りましたが、現代はどちらかと言うと外出着という要素が強くなり、その結果昔のようにゆったり着るのではなく、襟元をしっかり詰めて着るようになり、その結果、何センチも裄丈が長くなっています。
 裄直しを注文する時に注意すべき点、古い昔に仕立てたきものです、裄直しは「正確なことは解いて中を開けてみないとわからない」ということ。上から触っただけでわかる場合もありますが生地の厚みや風合いによって判断しにくい部分も有ります、また、リサイクル着物は誰が仕立てたかわからないので、表地の縫い代部分が無い(裁断)可能性もありますので、外観、触感からの見分けは、難しいところです。店の方に聞いても売り物の裄を解くわけにはゆきませんので答えはできません。
 表地は十分生地が足りていたとしても裏地のほうが足りずに裄が出せないということも有りますので注意が必要です。概して表地よりも裏地のほうが幅が狭いことが多く、意外と裏が出なくてご希望の裄に対応できなかったということも多いのです。
 また、裄直しの中でも伸ばす場合は伸ばした後に残る筋を消すという作業が必要です。もちろん短くする場合は中にはいるので筋消しの必要ありません。あくまでも伸ばす場合にのみ必要な作業で、特にお母様から譲り受けたとか昔のリサイクル着物など着物の場合はほぼ間違いなく長い間の折筋が入っており、アイロンで伸ばしても伸びないので悉皆屋さんでの筋消しが必要となります。
 インターネットで検索するとリサイクル着物の裄直しをしてくれる店も数多く有ります、値段も3000円程度から10000円以上かかる場合もあり、どの店で依頼したらいいか悩みますが、値段だけで飛びつくのはちょっと危険です。ほんの少し短くするだけなら安くてもそれほど問題ないかもしれませんが、大きく出す場合は手間が違いますので、より注意して店選びをしなければなりません。
 基本的に出しやすい袖幅から出します、肩幅も4cm-5cmなどになってきますと袖付け部分がまっすぐに縫えず途中に大きく角度が付く場合もあります。もちろん目立つほど角度が付く場合はお店の方から連絡が入ると思いますが、店によっては了承済として作業をしてしまうところも…?、で安い価格の店に依頼する時には十分作業内容を尋ねたすることをお勧めいたします。
posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品