リサイクルの着物 裄 A   


◎ リサイクル着物の選び方

着物の裄ついて 1、
 
 まずは基本的なことから、裄とはどこの寸法か…ご存知でしょうか。着物を着慣れない初心者は混同することが多いのですが、洋服でいう袖丈(手の長さ)が着物では裄(ゆき)という寸法になります。
裄のサイズは,リサイクルの着物を購入するには要チエク一番の大事な部分です、身丈はおはしょりがありますし、身幅はある程度自由度がありますが、裄はお端折りなどのように自分で調整できる部分がありません。着物はサイズが多少違ってもそれほど問題なく着られるのがきもののメリットですがこの裄についてはそれはダメで、正確に計る必要があります。
 今回はリサイクル着物ののお話ですので、仕立て上がっている着物の事ですのですが、その寸法だけにとらわれていると選択肢がすごく狭くなりますので、なるべく選択肢を狭くしないように、そして着姿が美しくなるようにお話しをしたいと思います。裄は今では手首のぐりぐりが隠れるぐらいが標準的と云われていますが、この着方は昔に比べて非常に長くなっております。昔は着物が生活に密着しておりましたので今のように皺一つなく着ることはなく、ある程度胸元を開けてゆったりと着る方が一般的でした、昔の着物を今の着方のようにしっかりと衿、身頃を打ち合わせて着ようとするととても短くなります。
 着物初心者の方はご自身の寸法はよくわからないと思いますが、着物の裄について一番気をつけるべき所を守ればそれほど難しいことではありません。その「気をつけるべきところ」とは「長襦袢が着物の袖口から出ないこと」です。ちょっと意外かもしれませんが、着物の寸法は体に合わせるのも重要なのですが、もっと重要なのは長襦袢に合わせる方が大事と言っても過言ではありません。いくら長襦袢が着物の袖口から出なけりゃいい、と言ってもあまりにも合わなさすぎて着物の袖口から10cm以上手首がにょきっと出てるのは美しくはありませんが、そこまでの状態は滅多にありません。通常身長が155cm-160cm程度の一般的な方ですと裄のサイズは65cmから長めに着る方で68cmぐらいでしょうか。63cm-65cm程度ならかなりの選択肢があると思いますので3cm程度短いくらいなら見た目はそれほどおかしくはないですし、リサイクル品ですのである程度寸法が違うことも工夫して楽しんでいただいてもいいと思います。
 唯、1点でもリサイクルのきものをご利用になろうと思われる方は少し控えめの裄寸法を定めると後々のリサイクルのきものの購入選択肢が増えます、私事ですがきもの裄は1尺8寸(68cm)欲しいのですが現状は1尺7寸8分(67,2cm)です、なぜ2分(8o)程短くしているのかと言いますと、私の生まれたの戦中、きものが好きでよく着ていますと叔母達からいろいろなきものを戴く事がありました(昔のきものの生地幅が狭いため)少しでもて裄を短くして…要は選択肢を広げるためです。このようにほんに少しの気遣いで着れるきもののが多くなるのです。

posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品