自分の寸法を知る 前幅、後ろ幅


自分の寸法を知る

◎ 前幅、後幅

 今回は前幅や後幅です、両方合わせて身幅と言います。
この身幅というもの、一番どうでもいいといえばどうでもいい寸法です。
と言うのは、きものは基本打ち合わせで着るものですから多少の身幅の違いはどうにでもなります。既製品のきものもⅯサイズ、Ⅼサイズの違いは身丈と裄だけで身幅に関しては同じ寸法が同じです。

 とは言え、やはり腰回り110cmある方と90cmの方とはなかなか同じサイズというわけには行きません、それなりの身幅に調整して仕立ます。だいたい標準的な寸法で前幅6寸(約22.7cm)現在では少し広めの6寸5分(cm)が多い、後幅8寸(約30.5cm)となっており、前幅は後幅よりも狭いのが当たり前で、腰回りの大きさによって変えますが、大体前幅を優先して広げてからそれでも足りない場合には少し後幅も広げるといった感じです。
 ただし、一つ注意することは、小紋のきものを購入した時に手持ちのきものを測って店に寸法を伝える場合とマーありえませんが訪問着や留袖などの絵羽物(きものを広げた時に一枚の絵になっているような柄付けのきもの)を測って伝えることはとても違いが出ます。絵羽物は柄が一番きれいに見えるように仕立ているため図によって寸法が多少違うためです。
ですので既存のお着物 自分、母親の着物などを見本にするときは紬や小紋の着物を参考にしましょう。
posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品