絹物を洗う


・絹物を洗う
色々なことにチャレンジする方で正絹の着物をジャブジャブ洗って縮んでしまって「あら、これは失敗…」と…頭を抱えて…後悔をしていらっしゃる方…。絹は水に浸けて縮んでしまっても専門家に頼んでちゃんと整径してもらったら元に戻りますから心配をしないでください。
専門家に任せば元に戻りますので、これダメと早まって捨てたりしないでください。(着物の洗い張りも水洗いをしています。)

・ 意外と洗っても絹はチジミ難い

 さて、撚りの強いちりめんなどの生地は水に浸かると変質して縮んでしまいますが撚りの少ない生地はどうでしょう…?。例えば長襦袢などの生地などでしたらそれほど糸の撚りが強くありませんがどうなると思いますか…?、実は意外と縮んだりしないんですよ。
あまりお勧めはしませんが、たまに、私は取れにくい長襦袢の袖口の汚れを取るために絹物を洗う事があります、仕立て上がった長襦袢ですが家で水洗いをしても意外と縮んだりしないんです(ただし、あくまでも自己責で)。
ただ、正絹の生地はそもそも水洗いすることを前提に作っていないので染めの堅牢度が低く、柄物の場合は柄がにじんでしまって長襦袢全体が染まってしまう可能性も高いので、そう云う事をを気にする方は絶対失敗しますのでやめてください。

・ 乾ききる前に始末を終える事

 私が絹物のを洗濯をするのは長襦袢の袖だけですが、洗う時はもみ洗いは絶対しません、汚れのついている袖口を広げて、洗剤を付け布目に沿って、ブラシで柔らかくこすります、(揉むと生地が傷みます)又、よく濯ぐのをお忘れなく(洗剤が残っていると生地が変色します、)広げて干してから、乾ききるまでに(少し湿った状態)にアイロンをかけて姿を整える、こうすれば縮むことなく元の寸法通になります、つまり、絹は乾ききる時に縮む性質かありますので)乾ききる前に始末を終えるのが大事です。
きものの色々なことに挑戦をした当方ですが、汚れがすっきりときれいになる、この袖口洗いはとても気に入っていますが、あなたが挑戦して残念な結果になってもごめんなさい自己責任ですよ(笑)。
posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品