小紋で名古屋帯を作る


小紋で名古屋帯を作る

 最近名古屋帯が少なくなってきたような気がします…というよりも正確に言うと和装業界がどんどん縮小していくなかで全てのアイテムの生産量が縮小していっているという状態なのですが。そんな中である意味オールマイティに使えるのが小紋の反物というのはご存知でしょうか。
最近コートや羽織などにお使いいただける羽尺(小紋よりやや短めのコート用の反物)の生産量が非常に少なくなっており、その代品(?)として小紋の反物をお使い頂けるのは当然ご存知だと思いますが、名古屋帯としてもお使いいただくことが出来るのです。
塩瀬の帯などの染帯は普通に販売されているのでそう言えばそうだな、と思って頂けると思うのですが、帯に向いている柄かそうでないかは多少あるものの、小紋の反物として販売されている生地でしたら物理的にはどの反物でも名古屋帯にお仕立することが出来ます。

 名古屋帯の長さは仕立て上がった状態で昔のものですと概ね340cm(約9尺)程度、最近のものは長く作る傾向にありますので約360cm-380cm程度になっており、お太鼓から折り返しの裏地部分に約115cm程度必要です。つまり最大でも380cm+115cm程度で5mあれば1本の名古屋帯が出来るのです。通常の小紋の反物は短めでも12m、長いものであれば13m以上あるものも少なくないので1反の小紋の反物があれば2本は充分全く同じ柄の名古屋帯の生地が取れます。ですので親しい友人と一緒にシェアしても面白いかもしれませんね。
こういった小紋の反物を名古屋帯に仕立てるのに注意すべきことは特に一般的な塩瀬の染帯との違いはありません。
主に注意すべきことは

1・少し厚めの帯芯を使うこと
 1、はだいたい想像がつくように、一般的な織の生地ではありませんのでどうしても腰がなく一般的な薄手の綿芯を使うと柔らかすぎて締めにくいので厚手の塩瀬用のものを使ってください。塩瀬とは半衿などに使われているペラペラ(?)の生地ですのでその生地に張りを持たせるための厚みがあり、締めやすくなるはずです。
 2、はもしかしたら聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的な帯芯とは違い表面にやや毛羽立たせたような加工をしており、この加工をすることにより柔らかい小紋の生地との間に摩擦が起こり生地と芯がずれにくくなります。最近起毛の芯を使う店も少なくなっておりますので指定せずにいると普通の芯を使われてしまうこともありますので、注文時に確認するようにすると良いかもしれません
 
 小紋ではなく羽織を使った名古屋帯への加工なども可能です。昔の羽織はいい加工がされているのも多いのですが、最近は羽織を着る方も少なくなり、または昔のものは羽織丈が短く今は着にくいため羽織から名古屋帯に仕立替を希望される方も多いです。すでに一旦裁ってしまっているので、見えないところで継ぐことになりますが、それでも思い出の品を帯として生まれ変わらせることが出来るので意外と好評です。タンスの中に眠っている羽織がありましたらぜひ一度ご検討ください。
 羽織から名古屋帯へのお仕立替え厚目の起毛の芯を使うことです。

posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品