案外長く着られる単衣のきもの


案外長く着られる単衣のきもの。

 いつもの悉皆屋さんでの話、先客の女性客が袷のきものを単衣きものに仕立てなおしを頼んでいました、それは、昔の比べて気温が高い日が多く、袷では汗をかきますので、昔の様に時節で衣替えをするより気温に応じて衣更えをしたいと今までの袷を単衣に仕立て直しなのだそうです。
  暑い日が続き5月から単衣を着て居ましたが、やはり6月に入ると安心して単衣が着る事ができます。5月の場合、街で出会う着物姿の方の装いが本当にいろいろ、単衣の帯は単衣用、袷用、又、衿は袷用やら単衣用(絽)など、こちらも気になります。
 でも6月に入りますと暦の衣替え、安心して昔からの決まりに沿って帯は夏用、衿は絽と装う事がかないますから安心できます。
衣替え時節の6月は帯は夏に向かうため夏用で爽やかに…、9月の単衣は帯は冬に向かうため冬用を用居るのが決まりになって居す、只、昔と違い気温が高くなっていますので5月、6月、9月10月と無理をして衣更えをする必要はないと思いますが、夏に向かう時節は衿は絽、帯は夏用、冬に向かう秋の場合は衿は塩瀬などで帯は冬用をこころえて居たい決まり事ですが又、時節に応じた装いです。
 
 本当に昔々、気温がこんなに上昇するなんて、どなたも思わず季節の移り変わりに応じた衣替え文化が決められたのでしょうね。
又、昔は、単衣きものは着る機会短いと云われていましたが現在、結婚式、お茶席などのホーマルな装いでもない限り、案外着る機会は多くなっていますし、又、種別にも寄りますが、木綿のきものは袷期間(冬)でも着用は可な物もありますので…便利ですので一考して下さい。
 昨今、ジーンズのきものも流行って居ます、このジーズや木綿のきものは単衣で絹で有りませんので洗濯機や手洗いが出来ますので何時でもきれいに整えられ、重宝です。 マー、私は頭の古い年寄ですが、やはりお手入れがカンタンできれいに過ごせる木綿などは大歓迎です。
要は余り悩まづ,気温に合わせてきものを楽しむことにつきます。
posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品