案外長く着られる単衣のきもの


案外長く着られる単衣のきもの。

 いつもの悉皆屋さんでの話、先客の女性客が袷のきものを単衣きものに仕立てなおしを頼んでいました、それは、昔の比べて気温が高い日が多く、袷では汗をかきますので、昔の様に時節で衣替えをするより気温に応じて衣更えをしたいと今までの袷を単衣に仕立て直しなのだそうです。
  暑い日が続き5月から単衣を着て居ましたが、やはり6月に入ると安心して単衣が着る事ができます。5月の場合、街で出会う着物姿の方の装いが本当にいろいろ、単衣の帯は単衣用、袷用、又、衿は袷用やら単衣用(絽)など、こちらも気になります。
 でも6月に入りますと暦の衣替え、安心して昔からの決まりに沿って帯は夏用、衿は絽と装う事がかないますから安心できます。
衣替え時節の6月は帯は夏に向かうため夏用で爽やかに…、9月の単衣は帯は冬に向かうため冬用を用居るのが決まりになって居す、只、昔と違い気温が高くなっていますので5月、6月、9月10月と無理をして衣更えをする必要はないと思いますが、夏に向かう時節は衿は絽、帯は夏用、冬に向かう秋の場合は衿は塩瀬などで帯は冬用をこころえて居たい決まり事ですが又、時節に応じた装いです。
 
 本当に昔々、気温がこんなに上昇するなんて、どなたも思わず季節の移り変わりに応じた衣替え文化が決められたのでしょうね。
又、昔は、単衣きものは着る機会短いと云われていましたが現在、結婚式、お茶席などのホーマルな装いでもない限り、案外着る機会は多くなっていますし、又、種別にも寄りますが、木綿のきものは袷期間(冬)でも着用は可な物もありますので…便利ですので一考して下さい。
 昨今、ジーンズのきものも流行って居ます、このジーズや木綿のきものは単衣で絹で有りませんので洗濯機や手洗いが出来ますので何時でもきれいに整えられ、重宝です。 マー、私は頭の古い年寄ですが、やはりお手入れがカンタンできれいに過ごせる木綿などは大歓迎です。
要は余り悩まづ,気温に合わせてきものを楽しむことにつきます。
posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着物の隠れた汗に注意、


着物でのお出かけは本当に楽しい…でも 、帰宅後、脱いだ着物の汗に気を付けよう。

 きものは洋服と違い、こまめにお手入れをすることで十年、二十年も着ることが出来ます私は祖母より頂いた大島は何より大好きなきものの一つです、焼けが有りましたので悉皆さんに出して色を治していただきました。

 購入時は確かに高額では有りますが、お手入れ次第で十年、二十年、物によっては子、孫の代まで使えますから実質高くは有りません、これもお手入れ次第。(愛情を持って着物に接すれば可能)

 汗は乾けば問題ない…と言うのは実は嘘です、汗程気を付けなければ色変わりや腐りで裂けるという事になります、汗は乾けば見た目判らなくなりますので本当に困りますので脱いだ時によく見極めることが大切です、

 きものを着た後は、汗を飛ばしたり、しわをを取るために、風通しの良い所に吊るしますよね、帯の下や脇、袖付け横の胸の部分のしわが取れません。これは蒸気となった汗が絹を疲れさせて起こります。

 私たちは寝ていてもコップ一杯の汗をかくと云われて居りますが、起きている時に動き回るなら尚更汗をかきます。汗の蒸気が体温、帯、姿勢で抑えられて絹布の内部迄浸透します。そのままにして置きますと…汗シミになります。

 久ぶりに箪笥から出した着物の脇に丸くシミ…大変ショックです。こうなると丸洗いでは取れません、しみ抜きが必要です。

 汗のほとんどが水分、残り1%の成分が…塩分など…が絹を変色させてシミになる。

 衣替えの季節、良い機会です、たいせつなお着物のチェクを忘れずにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

着物染み抜きお見積り
価格:1円(税込、送料無料) (2020/11/2時点)


posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人には着物が一番似合います


 日本の民族衣装はきものは私たちに一番良く似合う。

 Oホテルで日独修好160年の催が有り出かけました、大勢のいろいろな国の人たちがご自慢の民族衣装で集いました、さすが日本の民族衣装のきもの姿の方々がが多い。

 アメリカ、欧米の方々の装いも素敵です。残年ながら私たち日本人は洋装に太刀打ちできません。側によれば彼女達の腰の位置は高く、足が長いのです。日本人はその反対です、確かに若い人達はスタイルが良くなって居りますが、それでもやはり腰の位置、足の長さはアメリカ、欧米の方々には勝てません。

 そこできものです、会場でもきもの姿の女性が一段と映えて居りました。外国の方々はお気に入りの着物姿の方々との記念写真を…引っ張りだこです。

☆きもの美人の基本
  
 普段より歩幅を少し小さくする位の気持ちで(あまり小さくコチョコチョしない)、足の指の付け根から着地、少々内股で歩く。
 
☆美しい立姿
 
 自然にお腹に力を入れてね。背を丸めてはダメですよ。写真を撮るときは少し斜めに構えると自然に美しく見えます。

何も難しいことは無いのです背筋を伸ばし、自然にふるまう…これで着物姿を美しく上品に見せます、美しい民族衣装であるきものを装うことを楽しみましょう。
posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草履で粋に。


 きものでお出かけ、草履で粋に装う。

 着物姿でのお出かけには、着物と帯、髪のアップ、お化粧など色々気を付けなくてはいけないことは多々有りトータルでのコーディネートが必要となります、どれ一つでも手抜きをするとあれー???となります、その中でも一番注意が必要なのが足元…草履です。

 浮世絵の美人画で描かれている女性の足元をご覧になった事はお有りだと思います。小股が切れたと言う表現に表せられるよう、足の親指がピンと上がって居りますねー、そして履物より踵が1pほど出て居ます。これと同じ事です。私たちも大きな草履を履くのでなく、少し小さめの草履で(下駄でも同じ)踵をべたべた付けて歩くのでなく、踵を上げ気味に歩くと姿勢よく素敵です。

◎ 草履のお手入れ

 帰宅後はお草履も空拭きして風通しの良い所に草履の底を上にして陰干ししましょう。又、箱に入れたままでは鼻緒が痛み、腐る事も有ります、道中の途中で鼻緒が切れる事にもなりますのでくれぐれも注意しましょう。
(虫干し時は草履にも心して忘れないで下さいね。)



posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品