コーディネートで装いの表情が変わる


 着物の楽しみと云えば着るのが一番の楽しみなのですねー、でも、その前の楽しみとしてコーディネートがありますよね。タンスから着物や帯を出して「ああでもない、こうでもない」うーん、です。帯一つ、いや、帯締めや帯揚げ、顔に近いところにある半衿一つでパーと印象が変わるので…、そう考えると小物一つにも気は抜けません。
 ところがどうやっても普通のコーディネートしかできない。着物関係の雑誌などを参考に…ウ―ン大して変わりなく面白くもない。雑誌を見ていると誰が見てもほぼ及第点で恥をかかない安全な取り合わせで…残念。
 以前、外国の人でジーンズに絽の羽織をひっかけているのを見て「何だあれ?」と思いながらまた反面「エーこれ素敵―」と思ったことがありましたが、日本人が日本の民族衣装の着物ではどうしても俗に云う着物着付けの常識にとらわれてしまい面白みのないコーディネートになってしまうようですねー。
 以前、紅白を見ていて着物の裾をたくし上げて帯代わりに細紐で袖のついたワンピースのように装った歌手が居ましたが、その時、このような着方もあるのでなーと感心したことがありました、又、最近は子供の浴衣にレースやフリルスカートなど少しコーディネートされたものがでてきていますよねー、時代と共に着物も変わっていくのは当然なのでしょう。
 でも、特にホーマル時で「変な組み合わせね」と言われるようなことがあってはならないので好き嫌いの別れるコーディネートよりも安全マージンを取ったコーディネートになってしまいます。
 着物の雑誌などを見ていても誰が見ても無難で清楚な着姿とコーディネートになっていると思います、おそら不特定多数の雑誌の愛読者向けであまり飛んだコーディネートの提案ができないのだろうと推測します。
 誤解のないように先に申し上げますが、フォーマルじゃなければどんな格好をしてもいいと思います。世の中、どのような着物のコーディネートで完全にぶっ飛んだ格好であっても誰に迷惑をかけるわけでもなし、自由に楽しんでほしいと思います。と云いながら固定観念からの脱失が出来ない私ですが…トホホ。
 着物のルールもコーディネート方法これからも時代に応じて変わり続けるでしょうねー。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ざらめカステラ 1箱 長崎かすてら
価格:1300円(税込、送料別) (2018/1/20時点)




















posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小紋とは…?。


小紋とは…?。

 小紋とは同じ柄が繰り返し染められている反物を言い、着用は普段のお買い物やお茶のお稽古などでお召しになれます。
 また、格のある柄の場合、帯に格を持たせて、附下のように準礼装としてお召しになれるものもあります。
そして、小紋の中でも非常に細かい柄で遠目に見ると無地に見えるものを江戸小紋と言います。江戸小紋は、元々は武士の裃に使われた柄が元になっており、紋を入れると準礼装として無地と同格のきものになります。
帯は八寸、九寸なごや、洒落袋帯などを合わせます。
 とても便利で使用の機会の多いお着物です。


posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出の七五三の着物を着せる


 子様用の着物は、それを着用するイベントの時以外は保管されっぱなしのことが多く、使う時期を前に出してみると全体に変色したシミだらけということが少なくない、お着物の生地自体の薄さなどから生地があまり丈夫でないことが非常に多く、変色したシミを染み抜きする場合や、シミが濃い場合などは、シミが落ち切らないことや生地を傷めることが多い。
  また、下に着るお襦袢ですが、これも長年保管されている間に全体的な黄ばみが出ていることが多いのですが、お襦袢の生地は着物より生地が弱いので、染み抜き自体が難しい場合がほとんどです。で、お襦袢を綺麗にしたいと思う場合は、新しい生地で作ることをお勧め、同じサイズの物を誂えることになります。
 そして、クリーニング、染み抜き料金についてですが、お子様用のお着物は小さいのですが、染み抜きの難易度や箇所の多さなどから、比較的高額なお見積りになることも少なくありません。例えば、お着物の全体にシミがあって染み抜きとクリーニングをした場合、3万円くらいから5万円くらいになる場合もあります。
 ご自身やお子様などが着られた物を出来るだけ綺麗にして子や孫に着せてあげたいということになるのですが、もしそのお着物にあまり思い入れがないということでしたら、新たにお買い求めになるのも一つの選択肢であると思います。




posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

油断大敵 季節の変わり目


 以前と違い最近の季節の変わり目がはっきりしませんので一寸の油断が大変なことになります。
季節に合わせて着物を整えると…、暑すぎて汗をかいたり、寒すぎたり…、今まで季節の変わり目に応じて薄物、単衣、袷ときちんと変えていましたが…でも10年程前に比べて平均気温が上昇で年中汗をかくことが多くなって着物を着ることが大好きな私にとって困ったことで、お手入れが大変です。
 きもののお手入れで1番困るのは汗です、こは着物を脱いだ時に目に見える汗と、見えない汗が有り、見えない汗が曲者です、油断すると黄ばみになります、又よく着物の丸洗い、きものクリーニングと云う広告が在りますが、汗抜きと云う広告は皆無です、これは…???。丸洗いに出すときは電話でまず汗抜きがあるかどうかを確認することが大切。
 まずは着物を脱ぐとハンガーに掛けて熱抜きをして、そしてお手入れを考えましょう。


posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男の着物 格を知る


 既婚の女性が留袖などを着用するように、男性の和装姿も格付けがあります。 男性の場合は、女性のように着物の種類が多いわけではありません。特別な日や式典に着用するものを第一礼装として高い位置に格付けします。普段でも着用するのは、外出着として女性の街着と同じように位置づけして着る着物のことです。
 男性が着用する和装の格付は以下の表のようになります。上段が格の高いもの、下段が趣味として楽しみ、TPOに合わせて着たりすることのできるものです。

 第一礼装  ・黒羽二重 五つ紋
 略礼装   ・色紋付三つ紋
       ・お召一つ紋
 ・礼装着黒羽二重五つ紋付(くろはぶたえいつつもんつき)は男性の和装の場合は、第一礼装は黒羽二重五つ紋付(呼称を略して「黒紋付」)とも呼ばれる羽織・袴(仙台平)がフォーマルの基本です。素材は正絹を使用します。 礼装のため女性と同じように、背中・両袖の後ろ・両胸元の5ヵ所に紋がついています。結婚式で新郎が着用する衣装としても知られており、お仲人さんが着用することもある男性の正式な和装スタイルです。
 ・色紋付(いろもんつき)
略礼装、もしくは準礼装として格付けされる色紋付は、三つ紋や一つ紋など紋のつけ方が変わります。女性の着物で言えば、色留袖と同格になりますが、五つ紋をつければ婚礼衣装として新郎が着用できる着物です。 着物の素材も羽二重や紋綸子、縮緬など、幅広く着用することのできる着物です。絵柄のある女性の着物とは違いますが、白をはじめ、グレーや茶色や紺など、シックな個性のある和装になります。
 ・お召一つ紋付
お召や紬の無地の着物に、三つ紋や一つ紋があれば、外出着としての格が上がり、略礼装の着物として着用することができます。女性の紋付の色無地や訪問着と同格です。
 ・外出着
紬(アンサンブル)袴を着けずに着流しで着用できる着物ですから、礼装に含まれません。外出着として着用する場合は、羽織を忘れないようにし、招待された場合などには袴を着用することがお勧めです。 結城紬や大島紬など、無地、縞や絣などの織りを楽しむことのできる着物です。趣味として楽しむことができ、着こなしやすく着心地の良い着物です。 
 ・外出着   
紬(アンサンブル)
袴を着けずに着流しで着用できる着物ですから、礼装に含まれません。外出着として着用する場合は、羽織を忘れないようにし、招待された場合などには袴を着用することがお勧めです。 結城紬や大島紬など、無地、縞や絣などの織りを楽しむことのできる着物です。趣味として楽しむことができ、着こなしやすく着心地の良い着物になります。
ウール(アンサンブル)
初めて着物に手を通される男性には、気軽に着用できリラックスできる着物のひとつです。女性の小紋のように、街着やリラックスした時間を過ごすのに最適なくつろぎ着です。
でも例外で格上になるものもある
・男物の帯の合わせ方、種類と格
男性の第一礼装に合わせる着物の帯は、金や銀の絹糸を使用した『角帯』を使用。略礼装、もしくは準礼装として着用するときも、同様に絹の『角帯』を使用することが礼装になります。 外出着や街着として使用する場合は、木綿の『角帯』やカジュアルにリラックスした時間を過ごしたいときは兵児帯を締めましょう。袴をつけず角帯のみで着物を着用する場合は、着流しでリラックスのスタイルの定番となります。


posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

織のきもの、染めのきもの


 きものでよく言われる硬いもの、軟らかいものて…?。

 硬いきものと言われるのは織りのきもので、または、「先染めのきもの」で糸の段階で染色して生地の織りあがげる段階で柄を織り込んでゆくことからそう呼ばれる。
 反対に柔らかものといわれる「染のきもの」は白生地を織り上げて染色、柄付けをしたものを言います。
織のきものには木綿、紬、お召などが有ります、染のきものに比べ、カジュアルなシーンでの装いとして普段着として楽しめます。
 ざっくりとした風合いや、肩の凝らない柄行、幾何模様、格子柄など広い年代に使用できるものが多く有りますよ。
 最近、きものを着る若い人が増えてきました、染めのきもの小紋と同様にきもの初心者にトライしやすいきものでお勧めです。
posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七五三の上げ(揚げ)について


七五三・子供の着物[上げ]

 肩上げ・袖上げ・腰上げについて…、上げと云って、肩のところや袖たけ、お箸より部分の腰上げは子供のきもの特有のものです。
 【上げ】は子供の成長に合わせて、新しく仕立てるのでなく、子供の成長に合わせて裄や着丈などを調整するために行うものです。そしてこの上げは大人になるとしなくなります、そこできものの大人とは…?は数え歳13歳まで。旧暦3月13日に元服して一人前の大人なったお祝いの十三参りの頃までが目安です。
 ですので七五三参りのお衣裳は必ず上げがしてあります、通常仕立てたきものは上げの無い長い状態です、それをお子さんの身丈に合わせて上げで調整をする、ちょど男物の様に紐だけで着られるため子供に余分な負担を掛けずに簡単に着せられて便利。
 ただ、気を付けなければならないのは、子供採寸をキチンとすることです。
posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸小紋


 きもののチョットしたおしゃれ着からセミフォーマルまで着られる大変便利な江戸小紋。

 ◎ 江戸小紋 
 江戸時代に武家の裃を染めた技術が源となった霰小紋、鮫小紋と呼ばれる江戸小紋は、型友禅と同様の型で染めるゆうぜんです。
 小紋の模様で代表的な「鮫」紀州・徳川家、「行儀」「角通」の江戸小紋三役と云われ、「松葉」「御召し十」徳川家、「万筋」「菊菱」加賀前田家、「大小あられ」薩摩島津家、「胡麻麻」佐賀鍋島家、などです。
  技術保存の無形文化財として、ごく細かな型紙彫りの技術と共に、一色染の大変優美繊細な特徴をもつきもの地です。
 江戸小紋という名称は1955年(昭和30年)に東京都の小宮康助が重要無形文化財保持(人間国宝)に認定され多彩に京小紋との区別をする為に名ずけられました。

 ◎ 東京小紋(おしゃれ小紋)

 京染に対して、東京で型紙捺染のきもの地を型紙捺染小紋と輸場合が多い、江戸小紋の流れを汲んでいます、昔は京都・江戸で大きな違いがありましたが、最近は双方が接近してきて両者の区別が付きにくくなりました。
posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本友禅と型友禅はどう違うのー?


 染めのきものに小紋と友禅が有りますよねー。

 友禅とは元禄の頃の絵師宮崎友禅がきものに絵筆を用いて模様を染あげたことから染のきもの地を友禅染と呼ぶ様になりったようで、本来の友禅は手書き染を指していました。ただ、現在では型紙を使って染める型染なっ染も友禅と云い、このほか機械なっ染も友禅と云われます。なので手描き友禅を本友禅と云うのに対し、型紙なっ染を型友禅と呼びます。

 ・ 手描き友禅

 白生地の上に直接染料又は顔料で筆や刷毛で染めるもので作家と云われる図案家が青花の青色の色素で作った液で下絵を描き、模様師と云われる染をする人が下絵どうりに彩色してゆくものと、直接作家が染料又は顔料を使って描いて行く物とが有ります。染料の染み出しを防ぐ、また他の色と交わら無い様に、糸目のりや伏せのりをしたりして後、蒸し、水洗い、乾燥、仕上げの工程を経て友禅が仕上がります。

 ・ 型友禅

 図案に描かれた模様を柿の渋を塗った紙に彫り抜いて型紙を作り、この型紙を白生地の上に置いて、捺染してゆく、色の使い分けや濃淡でも型紙を分けて彫らなければならないので模様のこんだ色の多い物になるとこの型紙が幾枚も必要になりす。
posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あると便利な色無地(一つ紋)きもの


 きものを楽しむ者(良く着る者)にとって、一つ紋の無地ほど便利な物は有りません。ちょっとしたお出かけ、およばれ、お茶会などに帯を選ぶだけで何処でも行く事が出来るから。

 たとえば同じ紋付きでも、留袖になるとチョット…、子供の数が少なくなり自分の子供は勿論のこと甥や姪の数も少なく着る機会が少ない、歳若い頃、歳を取ってからとそして派手、地味などが有るため同じ留袖を着る事は難しく、私など幾度か造りましたが、1枚の留袖で2度着ただけです。そしてタンスの肥やし状態(貸衣装で済ませばよかったのに)後悔しています。

 それに比べて一つ紋の色無地ですが…、祝儀、不祝儀など幾度使用したことか…、友人などの不祝儀ではきものを着ているのは喪主など親戚だけの事が多いのですが…、お葬式には無地+黒い帯で参列すれば気持ちも引き締まります。

 また、当事者としての法事などでは7回忌になれば色無地で参加出来ます、7回忌までは黒い喪服です。
そして、友人などの不祝儀は色無地に帯はグレーなどで蓮や般若心経などを現した喪の帯を締めれば申し分ありません。
 もちろん、お茶会などは帯を選んで…、祝儀の場合は少し派手な帯を合わせると引き立ちますよ…。






posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品