きものの汚れは早く取る


新しい年を迎えて振袖や訪問着などの晴れ着で過ごした後でチョット…?で染み…など気お付けたい注意点。
今日は染み抜きについて少々書きたいと思います。
まず、着物に飲み物などをこぼしてしまった場合、急いで清潔なタオルで叩くようにして水分を吸い取りましょう。ここで注意は絶対にこすらないということ。これは着物関係の本などには必ず書いていますがこすらないのが鉄則。絹は濡れた状態では摩擦に非常に弱くなるので、こすると表面が毛羽立つなどの傷みます。また、下手にこすってしまうと逆にシミを広げてしまうので、そういった意味でもこすらないことをお勧めします。
水分の少ないケチャップなどの汚れは…うーん、本などには固く絞った清潔なタオルでとんとん叩きましょう、と書いていることも多いですが
もどっちにしろ染み抜きには出さなくちゃならないので触らないほうがいいです。そんなのが付着して素人が綺麗に取るなんてのはまず無理です。
そして悉皆屋さんに持って行く前にもう一つチェック。下前の襟下に「ガード加工済」なんてタグはありませんか?せっかくガード加工をしていてもみなさん結構高い確率で忘れてますので探してみてください。たいてい下前の襟下についています。ガード加工をしている着物でしたら購入店に持って行くと、ある一定の期間内ならかなり安いか無料で染み抜きをしてくれる店も多いですよ…。
「ガード加工をしてたらそもそもシミなんてつかないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ガード加工は水分の多い汚れは弾きますがケチャップのように粘着性のものや衿のファンデーションの擦り込むような汚れにはあまり効果的ではありませんので気の利いた加工会社はある一定期間のシミ抜きサービス期間を設けているのです。話を元に戻しますと、悉皆屋さんはシミが付いてしまった着物を広げると、揮発性の薬品を霧吹きで吹いて茶筅のようなブラシで擦ります。この力加減が職人芸です、と思うのですが横から見ていると心配になるぐらいゴシゴ
シ擦るんですよ。「え?さっき着物はこすっちゃダメって言ってなかったっけ?」という方、そのとおりです。本来こすってはいけない着物を職人芸で着物を傷めずに汚れを取ります。
表面上の汚れだけなら上からとんとんと叩くだけで簡単に取れます。しかしながら水分のあるものは糸と糸の間に入り込んでしまいますので上からとんとんと叩くだけでは不十分でどうしても糸と糸の間に入りこんだ汚れをかき出す必要があります。そのため絹を傷めないで、なおかつ効率的に汚れをかき出す絶妙な力加減でこする必要があるのです。
素人が気を付けなければならないことは、早く手入れをするという事につきます、遅くなればなるほど取れにくく又高くつくと言う事です。




着物のサイズ直しいろいろ…?、お直し料金は…?。


 思い出の着物や、お母さま、お婆さまから譲り受けた着物など、古くても価値のある着物をお持ちですか。箪笥の中に大切に保管しておくだけではもったいないので、サイズのお直しをお勧めします。お直しにかかる費用やどのくらいのサイズ直しが可能かをご紹介しますので、愛着のある着物のために、着ることを考えてみましょう。
 まずは、どんなお直しが可能かお手持ちの着物を念入りに確認しましょう。着物によっても異なりますが、「身幅」「身丈」「裄」「袖幅」「袖丈」「褄丈」「抱き幅」「衽幅」「衿幅」などのサイズ直しが可能です。 身丈が短い場合はおはしよりで布を足し身丈を長くした調整も可能です。袖が短く感じる場合には袖丈を伸ばし、手首が見えてしまう場合は袖幅を伸ばしましょう。
  寸法直しと仕立て直しは同じ?
◎ 寸法直しとは?
 身長や手の長さが違う場合や体形が変わった場合に、寸法を詰めたり広げたりするのが、「寸法直し(サイズ直し)」です。部分的な調整は、一般的に寸法直しと呼ばれます。 部分的にお直しをするだけでなく、全体的な汚れを落とすこともでき、仕立て直すときにしみを隠すこともできます。サイズ直しの場所にもよりますが、約8000円〜がお直しの相場となります。
◎ 仕立て直しとは?
 仕立て上がっている着物をいったん解き、洗い張りをしてもう一度仕立て上げる作業は「仕立て直し」と呼ばれます。一度すべての仕立てた縫い目の糸をほどきますので、仕立て直す際にサイズを変えることも可能です汚れや痛んだ所を隠したりといろいろな」メリットがあります。 ただ仕立て直しの場合は、仕立て上がりの着物を解いて洗い張りをし、仕立て直す費用の相場として約3万2000円〜70000円が相場となります。胴裏や八掛は新しいものを使用することがありますが、その際は約1万5000円を相場として考えておきましょう。




着物の仕立ていろいろ、手縫い・ミシン


 着物は手縫いと固く信じられていましたが、最近はミシン縫いもかなり出回っています、ミシン縫いというと和裁ではあまり聞きなれませんがハイテク仕立てというとああそうということになります。
 ミシン仕立のと云ってもおばちゃんがガチャガチャと縫っているわけではないのです。さて、このミシン仕立ては私と同じように抵抗のある方も多いと思いますが、着物って針と糸で日本人の和裁士がチクチク縫っていくというイメージがこびりついて…。なんとなく抵抗がありました、でも今では手縫いとハイテク仕立てそれぞれに良いところと悪いところがありますので、それを上手く見極めて使い分けるのも賢い着物ファンかなとも思うようになりました。昔からの固定観念に…固まってしまってるんですね、とにかく避けていました。
 ミシン仕立ての一番の難点は手縫いに比べて太い針を使うため、縫った跡は生地に大きな穴が空いてしまいます。ということは寸法直しをしてその縫い目が表に出てしまうような寸法になりますとその穴が見えてしまう場合があること、又、しっかりと縫われているので解くときに非常に手間がかかるということでしょう。
 しっかりと縫われているということは、逆に言えば丈夫な縫製をご希望の場合はメリットとなります。例えば仕事で頻繁に着られるような合繊の着物などですと家庭の洗濯機で洗われることがほとんどだと思いますのでひたすら丈夫な方がいいと思いますし、又、寸法直しをするということもないと思いますのでミシン仕立てがお薦めです。
 逆に言えば、将来的に寸法直しをする可能性があるのであればやはり手縫いでしょう。古い考えと言われるかもしれませんが、布を大切にするという日本人の美学…を感じられて手縫いを推奨いたします。
 ハイテク縫製の良し悪しについては直線部分はミシンですが衿などの微妙な技術を要するところは手縫いにしていることが多いので概ね綺麗に縫製されます。現在の所、変な仕立てをしていたら生き残っていけないので、きちんとしたいい機械を使っているところがほとんどです。ですからミシン仕立て=縫製が悪い。手縫い仕立て=いい仕立て、というわけではないと思います。
 要は使い方等を考えてミシン縫い、手縫い等を選択するのが良いとおもいます。



きものの寸法直しはどこまで出来るのか…?。


 きもののお直しは…どこまで出来るのか…?。
 着物のどんなお直しが可能かお手持ちの着物を念入りに確認が大切。着物によっても異なりますが、一般的に 身幅、身丈、裄、袖幅、袖丈、抱き幅、衽幅、襟幅などのサイズ直しが可能ですが衽幅などはお高くなりますのでお勧めしません、 おはしょりで調整できないぐらい長い場合は、裾を切らずに身丈で調整も可能です。袖が短く感じる場合には袖丈を伸ばし、手首が見えてしまう場合は袖幅、肩幅で伸ばしましょう。
 ところで、寸法直しと仕立て直しは同じ?
 ◎ きものの寸法直しとは?
身長や手の長さが違う場合や体形が変わった場合に、寸法を詰めたり広げたりするのが、「寸法直し(サイズ直し)」です。部分的な調整は、一般的に寸法直しと呼ばれます。 部分的にお直しをする事です。
 ◎ 仕立て直しとは?
 仕立てあがっている着物を解き、洗い張りをしてもう一度仕立て上げる作業は「仕立て直し」と呼ばれます。一度すべての仕立てた縫い目の糸をほどきますので、仕立て直す際にサイズを変えることも可能です。 仕立て直しの場合は、仕立て上がりの着物を解いて洗い張りをし、仕立て直す費用+洗い張り代がかかります。
 又、痛んでいたり、お母様のお着物を娘さんにと云うことで胴裏や八掛は新しいものを使用することがあります。何はともかくきれいに新しいきものに変身いたします。




お誂えの残り切れ


着物の誂え時の余り布

 標準的な体型の方なら着物は既製品でも十分楽しむことは出来ますが、少し凝ってきたり、有名な織物を着てみたいということであれば、オーダーメイドということになります。オーダーメイドというと敷居が高そうですが、着物は洋服と違って多少寸法が違ってもでも違和感なく着ることが出来ますのであまり敷居は高くありません着物は基本は別誂えだと思うのです。
 それはさておき、人間の体は150cm以下の方も170cmオーバーの方もいらっしゃいますが反物はどれでも約12m程度で背の高い人用、背の低い人用というのは存在しません。手の長い方(裄)用のキングサイズやクイーンサイズなどの巾の広い反物は存在しますが、背の高い人用の長い反物というわけではありませんし、通常の反物でも最近の長めの反物であれば身長170cm程度の女性でも(裄が短ければ)充分に対応できます。又、反物でもそれだけの長さがあるのなら背の低い方が誂えた場合、生地が余りますが実際には和裁では基本的に生地を余らせるようなことはしません。
 あくまでも個人的な考えですが、着物は一枚の布を大切に使うということが前提になっていると思っています。一枚の布を少しでも無駄にすることなく、何度も仕立て直して最後には布団や座布団にして使い切るという、モノのなかった昔の日本の美徳が着物の中に息づいているのではないでしょうか。これは着物の魅力の一つですね。
 将来的にどなたか寸法の違う方に譲る場合にも多少なら寸法直しができるように、また他のものに縫い変えることができるように少しでも可能性を高くするために不要な布を着物の中に縫い入れるんです。具体的に書きますと、身長150cmのお母様が165cmの娘さんに着物を譲ろうとしても、少しはお端折りが有るとは言うもののそのまま着るのは着物に慣れた方でないと難しいので仕立直しをする必要があります。
 その時にギリギリまで裁断してしまっていては小さい寸法を大きくすることはできなくなりますので、仕立てる段階で身丈を仕立て直して長くできるように内上げ(内側に縫いこみを入れる)この縫いこみが有ることよって身丈を伸ばすことができるのです。同じように袖丈も中に多少は縫いこみをするのが普通で身丈を伸ばすとバランスを取って袖丈も伸ばす可能性があるのでその時のために1尺3寸(約49センチ)縫込み2寸(約6センチ)程度に仕立てられています。ただし、昔の反物は幅が狭く長さも短いため昔に縫われた着物は縫込みがほとんど無いことも多々あるのでリサイクルの着物購入の場合は気をつけてくださいね。
 というわけで、着物はできるだけ生地を余らせないように着物の中に縫いこんでしまいますので、基本的にほとんど余り生地はあまりません。逆に言いますと着物の中に縫い込まなければ生地は余りまると云うことです、小紋や紬系の反物(絵羽物じゃないもの)の余った生地を使ったショールやバッグなどを作りたいという場合はお仕立をする前に呉服屋さんに伝えておかないといけません。一方、訪問着や留袖などの仮絵羽になっているものはすでに裁断しておりますし、反物で販売されていますが仕立てると絵羽柄になっている付下も胸の柄と裾の柄がちょうどいいところに出るように内揚げで調整する仕立て方ですので1枚の大きな布で余らせるということは出来ません。
 ちなみに反物の幅は38cm程度ですが、幅を狭く使う時(身幅の狭い方や裄の短い方)でもその分を裁ち落すことはなく、仮に前幅23cmで反物の幅は38cmであっても差額の15cmは必ず縫い代の中に入れられます。これもどなたかに譲るときに裄や身幅を出せるように、また何か他の用途に使うときにも少しでも使いやすいようにす
る工夫かもしれませんね。
 ただ、昔の着物で余り布があるばあいがありますが、親より身長のある娘や孫にきせる場合の丈伸ばしに大変重宝します。(着つけて見えない揚げの下に入れます)




リサイクルの着物を楽しむ 羽織


 銀座で可愛い娘さんの羽織姿に出会いました。見事な大正ロマン調…。
 只、ちょっと気になる事が…、きものは銘仙、羽織は錦紗(本当に軟らかい生地)です、これは取り合わせとしては大変良いにですが
 この羽織の袖丈が5センチ程長い、生地が柔らか上、袖丈が長いので歩くたびに着物の袖を離れひらひらと揺れる。チョット気になる風景です。

 昔の着物は袖丈が色々ありましたのでやはりお召になるのでしたら袖丈を短く直して着用してほしい、現在の着物の袖丈は現在では1尺3寸(約49センチ)が標準です、羽織のお袖丈は着物の袖丈より5mm控えると(約2分引)にすると着物の袖を少し持ちあげて袖の収まりがキチンとします。羽織の裄は着物の裄より5mm広く仕立てるとは羽織の袖口から出てくることがなく綺麗に決まります。
 又、昔よりコート丈は羽織丈より3、6センチ控えて居ました、これは羽織の上にコートを着る為、羽織には衿先が3センチ程下がって居る為です(長い)、羽織は部屋の中でも着用出来ますがコートは玄関先で脱ぐのがマナーですので、寒さの厳しい節この用に重ねて利用するのです。
 最後に羽織の襟は必ず半分に折って着用することをお忘れなく。



着物の寸法直 2 袖丈


身丈に応じた袖の長さ

袖丈は1尺3寸(約49センチ)が標準ですので大体この寸法に合わせて仕立てられています、昔は1尺3寸以外の寸法も珍らしくありませんでした、袖丈は着物の袖の中で長襦袢の袖が多少遊んでも着用には支障はありませんが、寸法の違いが余りにも大きく気になるようでしたらお直しが必要。
 長襦袢の袖丈を伸ばす場合、本来ならばすじ消しが必要ですが、これも裄の場合と同じで外から見えない部分ですので本職によるすじ消しでなくとも、家でアイロンで消すだけで十分です。

 本来なれば慎重に応じて袖丈を整えるのがベター、たとえば身長160センチの人と155センチのひとでは、同じ1尺3寸(約49センチ)では155センチの人の方が長く感じられます、又、体格が良い方と普通身長の方だと体格が良い方は肩幅が有りますので袖丈は短く感じます。(現実2センチ〜3センチ短くなる)
 袖丈の事、なかなか悩まし、難しい所です。



着物の寸法直 1、裄直し


 きものは比較的簡単に寸法直が出来るように作られています。
 でもどんな寸法にでも対応できるわけでは有りません、と云うのも布幅に制限が有ります、現在は約36センチが大きい寸法ですが昔のきののなどでは32センチくらいです、少し昔のきののの幅は30センチを切れる場合も有りますのでリサイクルでの購入については裄の寸法に気を付けて、背縫いから袖付けまでと、袖付けから袖口迄にある袖付けの中に入っている布幅に注意、この布の幅から縫い代を引いた物が裄出しの出来る寸法です。
 裄の寸法直は比較的に多いのですが身幅は打重ねてきますので寸法はあまり気にしなくても良いようです、只、裄だけは下に着る長襦袢との寸法を合わせる必要が有ります、着物の袖口より長襦袢がのどくとがっかり興ざめです。数字で云えば2分(8mm)ほど短く仕立てるのが一般的ですが、1尺7寸5分(約66,2センチ)これより長いと袖口より見えてしまいます、長襦袢よりきものの寸法が長い場合は長襦袢が袖口より出る心配は有りませんが、余りきものと長襦袢の寸法が違いすぎると振りや身八つ口よりのどく場合いも有り気になるのであれば裄直しに5000円から10000円の費用で治せますので良く考えて決めれば良いと思います。



きもののお手入れ(たとうし)を替える。


 大切なきものを長持ちさせるために、たとうしを替える。

(たとうし=和紙で出来た包紙できものの湿気などを良く吸い取ってくれます。)

 虫干しを終えたらたとうしに入れてタンスにしまいましょう。ビニール系などの包はNGです、ビニール袋など通気性が悪い物はきものの生地を痛めますので使用してはだめですよ。また、古いたとうしで黄ばみがあると、きもののシミの原因となりますのでなるべく頻繁に取り換えるのがお勧めです。
 
 きものをしまうコツ、
 きものを重ね過ぎない、重ねすぎると下のきものに不要な取れないしわや型崩れが出来見苦しくなります。又ケースにしまう場合は除湿剤をお忘れなく、防虫剤は同じものを使用する、防虫剤の違う種類のものを使用すると、化学反応を起してシミの原因となりますから…、そして直接きものに触れないように入れましょう。
 
 きもの好きにとって きものを長持ちさせるためには必要な作業です、お忘れなく。 


きもののお手入れ 汚してしまった時の応急措置


 10月に入り、やっとすずしくなりましたねー、これからはきものを楽しむのにさいてきな時期です。でもきものを着て出かけると時にとんでもないハプニングがあるときもあります。
 ハプニングが無くとも[着終えた後、如何すれば良いの]か…。そこで万一の時の措置について。
 慌てて擦ってはなりません、擦ると他の場所に広がりますし、生地が毛羽立ちますから。
  
 お茶・紅茶・汁類 = 裏に乾いてタオルをあて、表から水を少し含ませたハンカチで水着させ取る。
 ソース・醤油・果汁 = 自分では無理、専門店に急ぎでしましょう。
 墨 = 手をつけづ専門店に出しましょう。
 お酒 = 水を含ませたタオルでたたきとった後専門店に出しましょう。
 油類 = ハンカチなどでシミの広がりを抑えてから専門店にです。
 マジッック・インク = てを付けずしみ抜きに出しましょう。
様は自分で出来る事を見極める事に尽きます。



 

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品