コートや羽織の丈はどうする


・ コートや羽織の丈は…?

 着物の世界に足を踏み入れた方はまずは小紋や紬など長着(着物)を揃えていくと思いますが、その次には羽織や道行コートにも興味が湧いてくると思います。昔は羽尺(はじゃく)と言われる小紋の反物より若干短いコートや羽織用の反物が多く販売されておりまして、色や柄、生地もコート用として着やすいものでした。これは特にどういう色柄のものがコート用かということはしきたりとして決まっているわけではないのであくまでも「なんとなくコートっぽいかな」という程度ですが、呉服屋をやっている人なら一目見ただけで羽尺か着尺(小紋などの長着用の反物)かは判別ができると思います。
 しかしながら最近は小紋のほうが色柄が豊富ですし、反物の長さも小紋が3丈と少々(約12m程度)であるのに比べて羽尺は2丈6尺から2丈8尺(約10m前後)で羽尺を選ばなくても着尺で代用できることから着尺で羽織やコートを作る方が多く(残布で小物を作ることも多い)、また最近の着物市場の縮小化から羽尺の流通量はかなり少なくなってきたように思います。昔は展示会などをやると羽尺コーナーとかもあったものなんですけどね。
 さて、この羽尺、上では2丈6尺から2丈8尺程度と書きましたがそれはここ近年の話。もっと前にはもっと短い反物が流通しておりまして。おそらく私がまだ鼻水たらしていた頃の昭和の時代、羽織やコートはお尻が隠れる程度の短いものが主流でした。リサイクル品の羽織やコートは丈が75cmや80cmぐらいのものが多いですよね、ああいう感じのものだったんです。そしてその当時の羽尺は2丈6尺やら8尺ではなくもっともっと短くて2丈2尺とかそんな程度の非常に短い反物も多く流通しておりました。
 着尺で3丈(約11.4m)ギリギリしかないのは当たり前。下手すると3丈にも満たないものもありました。基本的に長着は3丈あれば仕立てられると言われますがそれは昔のおはしょりを小さく取っていた頃の時代のことでして、今は身長と同じぐらいの身丈に仕立てて着用時におはしょりを大きく取るのが一般的ですのでごく一般的な背丈で袖丈1尺3寸(約49cm)の方でも3丈では生地足りないことがほとんどです。
いや、長着はまだいいんですよ。問題は羽尺です。羽尺も上で書いたように絶望的に短いものが多々ありまして「一体これでどうやって仕立てたんだろう」というような短いものもありました。そしてそれが今回のお題です。
 具体的に書きますと、一般的に羽織や道行コートは表生地をそのまま裏側にまで折り返して表地がそのまま裏地になってそこに肩裏地を継いで袷仕立にします。つまり表地の返り部分を思いっきり短くすればそれだけコート丈が長くなり(その分肩裏地が多く必要になります)、逆に表地の返りを大きくすればコート丈は短くなります。じゃあ短めの反物ならできるだけ返りを少なくしてコート丈を稼げばいいんじゃないの?と思われると思いますが、一般的な返りの長さを取らずに極端に返りが少なくなるとコートとしては少々不格好になってしまうのです。
着用時に表から見ればほぼ分かりませんが、返り部分が極端に少ない、いかにも「反物が短くてすいません」的なカッコ悪い仕立て方も敬遠してしまい、でも返り部分を多くとればとるほどコート丈は短くなってしまいますので返り部分はそこそこ、コート丈もそこそこみたいな品になってしまいます。
 昔の着物を、新しい羽裏を買って、洗い張り→仕立て替えたことも…でも高くついてしまいました、表地は古いのに、裏は新品ってなんだか変な感じです。それからは買ってまだ比較的新しい着物としてども着ないけど、コートなら着る!!って思ったものを一度だけ縫い替えました。付け下げを被布衿の長いコートに・・素敵に出来たけど、やはり五万円くらいかかってしまって、長い目で見たら着物のままが良かったような、複雑な気持ちです。

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品