仕立て方で着物の表情が変わる


◎ 仕立て方で着物の表情の変ります

 着物は一枚の反物を裁断し、縫い合わせて仕立てられます。3丈(約11.4メートル)×1尺(約38センチ)の反物を余らせること無く、将来に寸法を変更できるように布を大切に扱ってきた日本民族衣装です。
 訪問着や留袖など、いわゆる「絵羽モノ」は仮絵羽になっておりますし、元からどの柄がどこに来るのか想定して作られていますのでまだ仮絵羽にもなっていないフォーマル用の着物はどこで裁断するかという目印が付けられています。ですから誰が仕立てても全く同じ仕上がりになります。
 でも小紋などは裁断する目印などは一切ありませんので和裁士のセンスが問われる商品です。もちろん柄の配置が決められている訪問着や留袖などの絵羽モノと違って和裁士に任せると間違いはありませんが、逆にどこにどんな柄を持っていけばいいかを考える和裁士の腕の見せ所です。
 こういった反物の場合は更に注意が必要です。これは左右で色が違いますので仕立て方によってガラッと表情が変わります。
◎ たとえば縦ガラの柄合わせ

 ・ 柄あわせ送り(追っかけ)
IMG_0955.JPG

 ・ 柄あわせ開き
IMG_0953.JPG


 左右で色の違う反物はこのどちらにするかを自分でえらぶ、どっちがいいかわからない、という場合は柄あわせ2のいわゆる「追っかけ柄」と言われる方を選んでおくと無難でしょう。いずれの裁ち合わせにするにしても顔に近い衿にどどの色を使うかが重要ですので、まずは衿にどちらの側を使うかを決めて裁ち合わせを決めていきましょう。着物の裁断は衿が決まると衽も自動的に決まるので(衿の生地の反対側が衽の生地になす)、そこから柄合わせを決めるのが常識です。
 又、格子や七宝などいろいろな柄がありますがピタッと柄を合わせた穂がお好みの方もいらっしゃると思いますがこのピターという合わせ方は本当の所とても難しい、反物の染柄でもメートルずつ進むと柄がピタッと会う事は至難の業です、まして織物の場合は特に…席を外す、座すと微妙に違いが出てきて1メーター、2メーターと進むと…、よほどの熟練者でも…です、まして機械織りの場合近くで電気製品を使用するだけで電圧が変わり織り方が微妙にづれて行きます。ですので中途半場になるより、私はどちらかというと柄合わせをせずに外すほうが好きなんですが、ピタッとするのがお好みの方もいらっしゃいますしこればかりは人それぞれでこれが正解というものはありません。
 柄合わせは着物初心者にとっては少し難しいですがせっかくの誂えなんですから最高のお気に入りの一
枚にするためにも挑戦してみることをお勧めします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

京仕立 手縫い 長襦袢
価格:19440円(税込、送料無料) (2018/1/10時点)





posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振袖から舌が出ました…


 街で見かけましたお振袖すがた。
 さすが成人式です、可愛い、きれい 本当にうっとり見とれました、皆さん友人とご一緒で…見ている当方は年老いたばーばーです、わたくしも50年いえ60年昔には成人式という行事は在りませんでしたがお正月に氏神様参りと茶道の先生へのご挨拶に振袖を着せてもらいました。
 ただ、見かけたお振袖のお嬢様、活発のせいか振袖の長襦袢が振りより覗くというより飛び出して、お袖が2枚です。残念です。
 この振り袖からの舌だしを防ぐ方法があります、
1、振袖の長さにあった長襦袢丈、新しく誂えた時にはキチンと寸法があっていますが、長く置いていますときもの表地と長襦袢の生地の厚みの違いで差が出てきますので着用前にチエックをしましょう(表より長じゅばんは3ミリ短く)
2、振袖の長さがチャンと会つている場合は長襦袢の袖丸みの隅に穴あきコイン(昔は50円玉がびったりでしたが…?)を薄布で包み2〜3か所取り付ける(重石)振袖を終うときには外す(そのままにしていると金気が出てシミになります。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

着物丸洗いクリーニング【往復送料無料】税抜5000円
価格:5400円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)




posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東西で違う帯結び


 歌舞伎の公演を見ていたら、帯の結び目の向きが違うのに気付いた。以前から右巻きと左巻きがあるのは承知していましたが上方歌舞伎と江戸歌舞伎では違うらしい。着物や帯の柄も単色で渋めの色合いが多い関東に対し、関西では雅(みやび)ではんなりした柄が好まれるらしい。

 帯を結ぶ時自分の体を中心に反時計回りに巻くのが「関東巻き」、逆に時計回りは「関西巻き(上方巻き)」と呼ばれる。
  一般の人はどうか…?。最近は全国の着物着付けコンクールなどが関東巻き行われていますし、関西の教室でも関東巻きで教えることが多いそうです。
 なぜ東西で逆になったのかは「武士が左脇に刀を差すのと関係があるのではないか」と分析されています。武家社会の江戸で手先が左側にくると、刀を差すとき邪魔になりかねない。一方、町人、公家文化の上方ではその必要はなかったとか…。。
 他の説、昔、細かった帯が江戸時代頃より太い帯幅に変わったので、太い帯は締めるのに力がいるため、右利きの人は右から左へ帯を回すほうが力を込めやすいからだそうです。また、現在、関東巻きが優勢なのは右利きの人が多いことも理由のようです。
 なんの気なしに昔から左方に手をおいて「関東巻き」で着つけていた私は関西生まれです…
 マー、なにはともあれ帯の前の模様が上下にあるのがなぜかよくわかりました。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《いつ子様リクエスト》"帯のお直しと帯の洗い張り"
価格:15984円(税込、送料無料) (2017/12/11時点)






posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早めに…七五三の着物のお手入れ依頼


◎ 七五三用のお着物のお手入れ、早めにご依頼を。
 我が家も3歳の孫娘の七五三用に(姉と同じは…?で)お母ちゃんの使用して着物を点検しました。
子様用の着物は、保管の期間が長い場合が多く、シミの状態も良くない場合が多いので、直前になってタンスから出してみると、シミが一杯で呆然とよく聞いていましたが…やはり…届いた四っ身の着物はクリーニング店名の入ったビニール袋に入って届きましたが、やはり案じた通リ(着物の関心が無い方で)孫にきせてみると、着物はともかく長じゅばんの生地が弱って…破れてボロボロになりました。
 袋から出して風通してたとうしに入れて置けばこのように腐ることはないのですが…
 このようなことはないとは思いますが、夏も終りを迎えるまでに、秋の七五三を前にお子様用のお着物の点検を早めになさることをお勧めします。


posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帯芯について…?。


 新品の帯を購入すると大抵はお仕立が必要です、なぜ…???。
いつも思うのですが販売している帯の寸法は大体きまっていますよねー、まー名古屋帯などでは仕立てる時にお太鼓や手幅(前幅)を少し広め(5~8mm程度)に仕立てることはありますが、袋帯の場合はほとんどの場合は寸法を測って長さや幅を調節して仕立てません(綴れ織りなど別注で長くすることはできます)
 たまによほどふくよかな方が帯が回りきらずに少し間に生地を足すこともありますが、(一旦切って間に生地を継ぎ足す)初めからお仕立てあがっていても出来ることです。それなのに長着や長襦袢と同じよににわざわざお仕立てするのはどうしてでしょう。これきものの不思議です。
さて、帯芯について…?。
 ところで、帯芯ってどんなのを使ってますか?え?そんなの知らないって?まあそうですよね、普通は呉服店に任せてご自身ではあまり意識をするようなところではないでしょうし、直接目に触れるようなものでもないと思いますが、一応きものを愛好家としての豆知識として知っ損はないと思います。
 昔の帯は、おどろくほど分厚い帯芯が入っいましたが最近はかなり薄く、しなやかな芯を入れるようになっております。と言っても柔らかけりゃいいというものではありません。
 概して厚めの張りのある生地の帯ですと帯芯はなるべく薄いもの、帯の生地が薄くなるに従って厚めにする。例えば金糸や銀糸を使ったフォーマル用の織の袋帯は比較的生地は厚めで腰がありますので柔らかい薄いもので十分でしょうし帯芯が入っていなくて結ぶことができます。一方、紬の生地を使ったようなカジュアル用袋帯ですと金糸銀糸を使ったものよりもやや柔らかいので少し厚手のものが良いでしょうね。
 織の袋帯も名古屋帯も極端な話、帯芯がなくてもそれほど支障なく結ぶことが出来るので帯芯選びを間違ったとしてもそれほど大きな支障はありませんが、染帯の帯芯にはおもいっきりこだわって欲しいと思います。
 塩瀬生地などに代表される染帯はペラペラの生地ですので帯芯がなければ帯として形を成せません、張りをもたせるのもお太鼓を形作るのも帯芯。それだけに帯芯にはこだわって欲しいし重要です。
 帯芯選びで気をつける点、
 1、まず帯芯自体が分厚いこと。先ほど書いたようにペラペラですと帯芯自体にしっかりと張りがないとお太鼓の形を作ることが出来ません。
 2、起毛の芯であること。これ私自身のこだわりですが、染帯は生地がペラペラですので、帯芯が帯の中でずれないように少しでも摩擦係数の高いものを使いたいし、また、少しでも厚みを持たせたいので起毛の芯になります。
帯芯を選ぶ注意点2点紹介。
 1、帯芯を選ぶときには必ず防カビ加工をしているものを選んでください。帯芯は意外とカビやすく、そのカビが表地にまで移って黄色く変色して帯が使えなくなってしまうことが多いようです。タンスの中に入れて保管しておくとカビは生えやすいので防カビ加工はとにかく大切です。
 2、また、今ではあまり聞きませんがちょっと触った感じで張りのある厚めのものを選んだつもりでも、糊でカチカチに固めている物もあるらしいので注意が必要です、通常呉服店では織帯用、染帯用、その他で何種類かの帯は取り扱っていると思いますので呉服店などの専門家に相談をするといいでしょう。









posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草履考 雨用草履は…?



■雨用草履カバー
 コルクのもので水に濡れると水が中に染みこんでしまって接着剤等を剥がしてしまいますし、コルク自体にも染みこんでしまいますのですぐに草履の裏面を上にして干しましょう。
 また、草履の鼻緒を変えることができるということを聞いたことがある方は多いと思いますが、どんな草履でも変えられるわけではありません。草履の底に鼻緒を変えるための穴が空いている物だけは変えることが出来ますが、この窓がないものは変えることが出来ません。
 また、既製品の草履の鼻緒を別の草履に付け替えるというのもたとえ窓が開いていてもほとんどの場合できません。それは既成品の草履の鼻緒はそもそも他の台に付け替えるという考えられていないので、鼻緒を台を台に据える時、仕立て仕事がし良いように鼻緒の紐が極端に短く切られていますので付け変えて結ぶことが出来ないケースがほどんどです。
 次に合皮の草履を保管するときの注意点をひとつ。ちょっといい草履を買ったのに大切に下駄箱の中に入れていたらいつのまにやら合皮部分がネチャとなってたり、ボロボロになってしまったり、というような経験はありませんか…?。これは加水分解というものでして、Wikipediaで調べてみると「反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のこと」と書いてます。
 簡単に言うと作られたものが空気中の水分に反応して分解され、その形を保てなくなることらしいです。この加水分解は合成皮革である以上避けられないことらしいのですが、日頃のメンテナンス次第ではその進行を遅らせることは可能です。
 一番いいのは、大事にしすぎずとにかく履くこと。車や機械ものなどと同じように、ある程度使っていたら劣化は多少遅くなります。と言っても忙しい現代人、それほど頻繁に履かない場合はたまに陰干しして風に当てたり、シリカゲルなどの乾燥剤を入れておく、箱の4隅に穴を開けて風通しをよくしておく、などの処置が必要です。
 また最後に草履の履き方ですが、人間の体って左右対称ではないので右の草履ばかり痛む人やその逆の人、いろいろだと思いますが草履職人さん曰く、草履を長持ちさせるためには履くたびに毎回左右を入れ替えて履けばいいそうです。
 基本草履は左右同じなので左右入れ替えても何の問題もありませんがやはり少し違和感があります。







posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草履考あれこれ


■草履あれこれ
 まずは草履の大きさですが、22cm〜24cmはMサイズ、24cm〜25cm程度はLサイズを選ぶのは一般的でしょう…。草履は足の先からかかとまでの大きさではなく、踵の部分が指一本分草履の台から出るのが理想です。踵が草履の台の中に入ってしまうのは子供の履き方のようで要注意です。
 21.5cm以下や25.5cm以上になるとSサイズやLLサイズは生産されてはいますが、残念ながら流通量はかなり少ないので自身の気に入った色、柄のものに出会うことはかなり難しいかもしれませんので、ある程度の大小は我慢するか別誂えにするかのどちらかとなってしまいます。しかも別誂えの草履は通常店においていることは少ないので、結婚式等日取り等が決まっているような場合は2ヶ月程前には注文することをお勧め致します。
 また、大きさの他に高さも重要な問題でして、概してフォーマルものは高く、カジュアルものは低く作られています。これも別誂えしてくれる店ですと台の高さも作ることが出来るのです。基本、和装小物関係は手作りのものが多いので細かい要望に応えるのはお手のものですから希望を伝えるといいでしょう。
 草履は基本はコルクで台を作りますが、それ以外のものも多々あります。コルクの台は水に濡れると傷んでしまうので雨の日などに出かける必要のある場合はウレタンの草履を一つ用意しておいたほうがいいでしょう、とは言え、ウレタンの草履はカジュアルなものばかりでフォーマル用はあまり一般的ではないのでそういう場合は雨用草履カバーを使って草履に雨が染みこむのを防ぎましょう。


posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きもの姿の雨の日あれこれ


 きものの会かあり出かけました…あいにくの雨で会場入り口でのあれこれ
 皆さんそれぞれに雨対策を考えていらっしゃる。
・ 雨コートに中、着物の丈を少し上げるためにゴムの紐(腰ひも)でたくし上げている方。
・ 雨コートの中で他の布で腰巻状態の方。
・ 中には雨コートの中で着物をガバーと半分に織り上げて帯に託し入れている方。
 確かに着物は絹ですので雨は大敵ですのでいろいろ工夫をしておられます、雨コートは少しの雨の場合は何の支障もなく着用するだけでおさまりが付きますねー、でも風がある雨がきつい時は裾は本当に困ります。
 きものの大好きな方々は本当に着物を大切にして居られるのでその場、その時でいろんな知恵を出しておられます。

posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の絹とは…マーク 


 きものと云うと日本で絹織物ですがこの反物の絹糸は日本製とは限りません、98%以上が外国製言われております、処で売り場にある反物にこんなマークがついているのをご存知でしょうか…?

IMG_0663.JPG

 これは日本製と云う保証なのですが日本製というのをどう定義はいろいろな解釈がありますが、実は織っている絹糸のほぼ間違いなく中国産かブラジル産だと思われます。実は日本の養蚕業はほぼ壊滅状態で、昭和30年代-40年代のピーク時と比べると98%減となっている状況のようです。
 蚕は様々な種類があり、その種類ごとに吐き出す糸に特徴があるのですが、日本は蚕の純血種を大切に持っており、どの蚕を組み合わせればどういう糸を作ることが出来るかというデータを持っています、そのデータと純血種で自在に様々な特徴の糸を作って世界の養蚕業をリードしています。
 そのため、政府は補助金を出すなど、様々な政策をとっておりますが中国やブラジルの糸の価格競争力が強すぎて日本製の生糸は防戦一方の状況となってしまっております。
 この「日本の絹」マークはあくまでも「日本で織った」事を示すもので糸は日本製、海外製を問いませんので中国、ブラジルの糸あっても日本で織られたら「日本の絹」マークを付けることが出来るのです。
  現在通産省が推し進めているマークに「純国産」マークというものがありまして、このマークを取るには蚕の品種、繭の生産地、製糸企業名、製織企業名、染色加工業者名、全て登録して純国産マークを貼ることが許されます。
 白生地は織り上がってきた段階ではよほどの難でなければ難ものかどうかはその場ではわからず、出荷して染めた段階で難が現れます。例えば糸が一部分だけ太くなっていたらその分染料が染みこみすぎて斑になります。一般的に海外で織られた白生地は10-15%は難が出てしまい、染める職人さんも大変だと聞いております。
 私自身は「日本の絹」マークの生地もれっきとした日本産だと思います。材料から何もかもすべて日本製を使わないと日本製と言えないのなら、そば・うどんだって日本車だって…、小麦粉はアメリカ産、エビはタイ産、車を作る鉄鉱石は中国産ですので日本製とは言えないと思います。
 ただし染めは絶対日本です。何が何でも日本。中国で染めた安い浴衣ってどうしてあんなにきつい色が…。外国は外国でその国ならではの色彩文化があり、いくら日本の技術者が指導したところでごく微妙な色合いがその国の色合いになってしまうんでしょうね。




posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季節による帯選び


 和服の醍醐味は季節の柄の着物や帯を着用できることです。
季節による帯選び方
 基本的に帯は季節に合った素材でがベターです、もし迷ったら「夏は透け感、春、秋、冬はその外」「季節を少し先取り(掛軸と同じ)した柄」「季節感が無い柄は通年可」、マーあまり気にせず身構えず帯を選び楽しみましょう。
 春 = 着物と同じで帯も季節で楽しめます、春は桜、梅(春先)、など春の花柄で華やかな春の雰囲気を楽しむ。ただ桜柄は桜が咲く前からで満開の次節は締める事を避けた方が粋と云われています。

 夏 = 夏は涼しげな色、柄を選びます、特に藤の花の帯は初夏に結びのにいい帯、竹は組み合わせ「雪持ち竹」なら冬の帯です、涼しげな若竹なら夏、松、梅と合わせた柄なら正月のおめでたい季節です、要は組み合わせで使用の季節が変わるので注意がいります、
 
 冬 = 花ならボタン、水仙など、お正月には松竹梅、福寿草など吉祥柄、笹、雪、も冬の柄ただ立春を過ぎると避けたほうが良いでしょう、図案化された雪などは立春以降でも可です。

 秋 = 秋の花なら桔梗、リンドウ、さざんか、、黄色く染まったイチョウ、もみじ、トンボ、ススキなど。
も柄をいつ使用すればと迷ったらお店の方に相談して購入すればいいでしょう。
 
 私などはいつもザクロで悩みます、開花は6月〜7月、実がなるのは9月〜10月なので。


 
posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品