防虫剤について


きものの敵は虫  防虫剤について

 多くの方が心配しておられるようですが、絹の着物の保管には防虫剤はほとんど必要あ りません。ですので私のタンス(着物の保管場所)には一切防 虫剤入れておりません。逆に変な防虫剤を入れてしまうと着物のトラブルの元となります、特にパラジクロロベンゼン系の防虫剤は金箔を変色させることで知られています。金は非常に安定した物質ですので滅多なことでは変色することはないですが、着 物を大切にするあまり用量や注意書きを守らず「多けりゃ大丈夫でしょ」とばかりに大量に使用することで薬剤漬けのようになり黒く変色するのでご注意ください。
また、ほとんどの防虫剤には「他の防虫剤と混ぜないでください」と注意書きが記載さ れていると思います。防虫剤には大きく分けてピレスロイド系、樟脳系、パラジクロロ ベンゼン系、ナフタリン系など4種類があり、これらの組み合わせによっては防虫剤が液 状になり、着物にシミを作る事があります。特にナフタリン系と樟脳系の組み合わ せ、パラジクロロベンゼン系と樟脳系の組み合わせ、パラジクロロベンゼン系とナフタ リン系の組み合わせは相性が悪いので、一緒に入れないことはもちろん、防虫剤を変える時も以前に使っていたものがなくなってもタンスの中に気体で残っている場合があるのでできるだけ防虫剤は変ないようにしましょう。

 又、絹の着物はほとんど虫の被害にあつていません(ただし少数 ながら絹を食べる虫も存在するそうです)。被害に遭うのはウールでして、 ウールの着物は防虫剤を入れ忘れるとあっという間に食われてしまいます。ですのでウールは別に収納するといいでしょう。同でも同じ収納場所に仕舞いたいときにはウールなどカジュアルな着物はタンスの一番下の方に、で きれば絹の着物とは引き出しを分けてウールはウールだけの段に適量の防虫剤と一緒に入れて起きましょう。
絹の着物は頻繁に着るカジュアルなものは防虫剤を入れずに下から、上に 行くに従って滅多に着ないフォーマルなものにしていくのがおすすめです。


posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きもののから長襦袢の袖口がベロン…の対処方法。


 袖口から袖がベローン

 いつも着ている長襦袢なのに、袖口からベロンと舌が出てきました…ェーなんで…と云うわけで物差しを出して寸法を測ってみました、何時もより1センチ長い…なぜなのか…よく考えてみますと、先日来て行った後、風を通そうと油断をして洋服ハンガーに掛たまま、片付けるのを忘れてそのままにしていたため洋服用のハンガーの肩の部分が垂れ下がって、その部分が斜め(バイアス)になって伸びてしまったようです。
 ちょっとの油断でとんでもないことになります、このような時は着付けが終わっている場合は袖内の肩に近い所を安全ピンなどでチョットつまんで失礼します…

 本当に絹は難しい…?。 

 絹のきもの地は扱いにくいと思い込んでいる方も多いけれど、でも材質その物の性質をつかめば対処は簡単です。絹か乾ききる時にちじむ性質がありますので、私の場合、普段着でもありますので寸法を測りピン留めをして、少し湿らせた布を当てアイロンをソートかけと元に戻りました、このブログをご覧の方々はこのようなうっかりミスのないように着用後の風通し後はちゃんとおしまい下さい。着物のは着物のハンガーを使用しましょう。
 きものは大切に扱えば、着用するする人の思いにこたえてくれます、きものとお互いに仲良く長い付き合いをしたいものです。
posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お値段だけでは決められません。


お値段だけでは決められませんね…、
 お天気も良いし最近来たきものの整理をしていて、アレー塩瀬のクリスマス柄の帯…?、壁のボードに貼っている預かり書に気づく…クリスマスのお食事会に参加した後のお手入れで、お太鼓部分の汚れに気づき呉服屋に手入を出した品、「すぐに専門店に見積もりを出してもらい料金の連絡をいたします.」と云う話でしたが未だに連絡が無いので店まで出では向きました…、所が「すみません、まだ出していませんでしたあ…、」と云う事で持ち帰ることに…。
 シミ、汚れは日が経つほど取れにくくなるのは素人でもよくわかって居ることです、それが呉服屋さんで「忘れていました」では通りません。まー、ここに限らないのですが最近、専門店と云われる呉服屋さんも接客をする店員は素人の私より専門知識が付いていません、「何々セール」と言われる売り出し時には契約をしている何処かの専門店の方が出張して対応に当たるから、このお店も安心が出来ませんのでもうお付き合いはお仕舞いです。
東京に住まいして安心をして出せる悉皆屋さんは何処と…。
 此のお店に限りませんが呉服の素人と玄人との違いが判らないのがかなしー、例えば生洗い1点お年玉クーポン2500円と云うような話もありますし、一流百貨店では高いお値段ですが安心できますが、ちょっと高すぎ… 又、高いところが上手とは言えないし…、毎日のように着ている当方とすれば、もう少し安く…と(ケチな考え)思います、東京は高い、神戸の個人の悉皆屋さんが懐かしい―が宅急便の料金を考えると…?、高い東京でも、きっとほどほどのお値段で上手な悉皆屋さんも…探そう。



posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きものクリーニング、安いばかりが良いとは限らない


 着物のクリーニング料金に上下の開きがあります?同じ事であれば、絶対に料金が安い方が良いに決まってますよねー。
 所で「手間賃仕事」て言葉はご存知でしょうか?これ人の手で手間暇かけた作業工程で、その手間に応じた料金仕事のことです。
 着物のクリーニングや染み抜きという仕事は、まさにこの「手間賃仕事」、なぜ、同じ手間賃仕事なのに、安く出来るお店があるのでしょうか?
 着物クリーニングや染み抜きは、ご存知の通り機械化出来る部分はほとんどありません。では、激安料金のお店はどうやれば安くすることが…?。
 そう、まことに悲しい事実ですが、手間賃仕事である着物クリーニングで、激安とも言えるような料金で利益を得るには、お着物を綺麗にするためにかける手間を省くしかないんです。
「着物をクリーニング(丸洗い)に出したのに、衿や袖口の汚れの落ちが…?」そんな苦い経験をされた方はいらっしゃいませんか?
 着物を綺麗にするためのクリーニングなのに、どうして…?、それは、「下洗い」という作業の有無です。着物を着用された際は、衿と袖口がどうしても汚れてしまいます。原因は、ファンデーションや皮脂汚れ、汗など。
 これらの汚れのうち、汗以外は、軽いものであれば、丸洗いだけでも落ちますが、ある程度濃い目に付くと、部分的に汚れを落とす必要がありますので全体を洗うだけでは汚れが残ってしまいます。、
 さらに、汗の場合、クリーニングだけでは全く落ちないのですので着物のクリーニングに誇りを持っている業者は、クリーニングを行う前に、手作業で汚れや汗を落とします。それが、「下洗い」の作業です。この作業を行なっておくと、汚れが残りませんし、汗による経年劣化もかなり起こりにくくなります。
 お着物の衿や袖口の汚れがほとんど落ちずに仕上がってくる業者は、お着物を業務用の洗濯機に放り込んでボタンを押して、あとはアイロンをかけているだけです。
こうゆう手間が激安店の現状です。
 きものクリーニングは巨大な洗濯機のような機械で、水ではなく、着物専用のクリーニング溶剤液で洗っています。1回洗い、2回洗い、3回洗いとお店によって違いが在ります。
 クリーニングの工程において、溶剤液を新しい物に入れ替えながら1回だったり2回、3回だったりと洗って、着物の汚れを綺麗に落とすします。そして仕上げのアイロンかけて終了です。
 いかがですか着物クリーニングのいろいろ…まずは信頼のおけるお店を持つことが1番でしょう。








posted by kimono 1 at | きもののお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品