帯に種類によってカラー芯を使う


カラー芯というのはご存知でしょうか。

 一番良く見かけるのは夏物の黒共帯(喪服用の帯)ですが、夏物の帯は絽の目の間から帯芯が見えてしまうので喪服用の夏物帯には白い帯芯ではなく黒い帯芯を使うのが一般的です。

 また汕頭刺繍の袋帯なども刺繍の間から帯芯が見えてしまうので、目立たないように表地と同じ色の帯芯を使うのがお薦めでが帯芯は八掛と違って色のバリエーションはそれほど多くはありませんので、汕頭刺繍の間から真っ白な帯芯が見えているよりも、たとえ完全に共色じゃなくても少し違ってもいいから色がついたもの使うほうがセンス良く見ます。又同色の濃淡でなくまったく違う色合いの帯芯を意識して使用するのもおしゃれです。
 カラー芯は白い帯芯よりも1000円〜3000円程度割高になりますが、夏物や透けるデザインの帯に組み合わせると綺麗な仕上がりとなりますので多少高くてもご使用されることをおすすめします。

 最後に帯芯を選ぶときには必ず防カビ加工をしているものを選んでください。帯芯は意外とカビやすく、そのカビが表地にまで移って黄色く変色して帯が使えなくなってしまうことが多いのです。タンスの中に入れて保管しておくとカビは生えやすいので防カビ加工はとにかく大切です。幸いなことに大体の呉服店では防カビ加工品です。
 また、通常、呉服店では織帯用、染帯用、その他で何種類かの帯は取り扱っていると思いますのでお尋ねになるといいですよ。





posted by kimono 1 at | 帯、季節を楽しむ帯選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品