リサイクルの着物の購入の目安


◎ リサイクル品の失敗

モニタで見た色と少し違ったなどはある程度しかたがないことで、長着と同じ裄の長襦袢を注文したけどいざ着てみたら袖口から長襦袢が少しはみ出た(長襦袢は長着よりも少し短い寸法にしないと袖口から出てきます)、購入してから寸法直しをしようとしたら縫い代がなかった、寸法直しをしようとしたら灼けていて直せなかった、といった様々な「失敗」があるとは思いますが、そういった失敗を積み重ねながら次第に間違いのない買い物ができるようになるのでは、と思います。

◎ リサイクル品の目安
・ 着丈 自分の身長ぐらい
・ 裄  背の中寸から手首まで
・衿下 腰ひもを〆た時におはしより衿先が1~2センチ下に来る位置に。大体身長の1/2が衿下寸法が目安です。
・身幅 衽幅を15センチとして前幅、後ろ幅寸法を出します。 きものは直線裁ちの物を着付けによって着こなしますので、寸法は比較的に融通がききますが、そのため細部にわたって神経質に計る必要はありませんが着丈と裄はキチンと計りましょう。
先ず,浴衣など単衣から始めるといいですよ、浴衣など購入時にはまずは自分の寸法を知ってから購入して下いね。

・浴衣の既製品の寸法は

身長 S寸 155cm〜160cm M寸 158cm〜163cm L寸 163cmから70cm

posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクルきものの裄を直す


ネットでお直しを依頼する時の注意点

 リサイクル着物は大体において裄が短めなことが多い。昔の着物は裄が短めでしたが現代の一般的な裄である66cm-68cmから比べ色々な要因があると思います。
・現代人は体格が良くなり手足が長くなった。
・洋服の裄と同様に着物の裄も長く着用するようになった。
・衿をキッチリ詰めて着るようになり裄丈が長くなった。
まず、背が高くなって手足が長くなった為、当然昔の着物の裄では短くなります。また、手首までかかる洋服の影響で、着物も同じくらいの裄の長さを求められます、又、昔はきもので普段の生活で裄は短めで着て居りましたが、現代はどちらかと言うと外出着という要素が強くなり、その結果昔のようにゆったり着るのではなく、襟元をしっかり詰めて着るようになり、その結果、何センチも裄丈が長くなっています。
 裄直しを注文する時に注意すべき点、古い昔に仕立てたきものです、裄直しは「正確なことは解いて中を開けてみないとわからない」ということ。上から触っただけでわかる場合もありますが生地の厚みや風合いによって判断しにくい部分も有ります、また、リサイクル着物は誰が仕立てたかわからないので、表地の縫い代部分が無い(裁断)可能性もありますので、外観、触感からの見分けは、難しいところです。店の方に聞いても売り物の裄を解くわけにはゆきませんので答えはできません。
 表地は十分生地が足りていたとしても裏地のほうが足りずに裄が出せないということも有りますので注意が必要です。概して表地よりも裏地のほうが幅が狭いことが多く、意外と裏が出なくてご希望の裄に対応できなかったということも多いのです。
 また、裄直しの中でも伸ばす場合は伸ばした後に残る筋を消すという作業が必要です。もちろん短くする場合は中にはいるので筋消しの必要ありません。あくまでも伸ばす場合にのみ必要な作業で、特にお母様から譲り受けたとか昔のリサイクル着物など着物の場合はほぼ間違いなく長い間の折筋が入っており、アイロンで伸ばしても伸びないので悉皆屋さんでの筋消しが必要となります。
 インターネットで検索するとリサイクル着物の裄直しをしてくれる店も数多く有ります、値段も3000円程度から10000円以上かかる場合もあり、どの店で依頼したらいいか悩みますが、値段だけで飛びつくのはちょっと危険です。ほんの少し短くするだけなら安くてもそれほど問題ないかもしれませんが、大きく出す場合は手間が違いますので、より注意して店選びをしなければなりません。
 基本的に出しやすい袖幅から出します、肩幅も4cm-5cmなどになってきますと袖付け部分がまっすぐに縫えず途中に大きく角度が付く場合もあります。もちろん目立つほど角度が付く場合はお店の方から連絡が入ると思いますが、店によっては了承済として作業をしてしまうところも…?、で安い価格の店に依頼する時には十分作業内容を尋ねたすることをお勧めいたします。
posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクルの着物選びの場合、妥協は大事 @


・リサイクルの着物選びの場合、妥協は大事

 リサイクルきものは別の方の体に合わせて仕立て上げられてたものです、当然ながら自分の寸法にぴったり!なんてことはありえません。しかしながらなぜこれほどリサイクルきものの人気があるのは、それは洋服と違ってきもの自体がかなり寸法の融通が利くからなのです。
きものの身丈はおはしょりでかなりの調整ができますし、身幅も打ち合わせになっているのでかなり調整の幅が広く、ワンシーズンで着れなくなってしまった、なんてこともありません。まあその分きものばかり着ているといつの間にかウエストが太っても全く気づかない事もありますが…。
 とはいえ、いくら調整が効くと云っても、なんでもいいわけではありませんので寸法のことをきちんと理解してどこを妥協して、どこを重点的に見るべきかを見極めること。きちんと合わせたい場所とある程度どうでもいい部分等いろいろいろ、正しく理解するときものの選択の幅が広がります。

・身丈

 まずは身丈です。この身丈の測り方で長さが変わってきます、一つは肩から、二つ目は背からです、のでもし寸法表に肩から、背からと書いていない場合は必ず店の方ににどちらの寸法かを確認して購入して下さい。背からの寸法ですと繰越の大きさによって身丈が変わってきますので、一般的には肩山から裾までの寸法を採用している店が多いとは思いますが稀に背からの寸法を採用している店ありますので注意が必要です
通常は身長から±5cm程度が無理なく着用できる範囲とされておりますが、昔は身丈は現代よりもやや短めに仕立てられていたため、リサイクル品は全体に身丈が短めですのでリサイクル品を楽しむためにはある程度身丈が短いものでも上手に着用できるよう練習してください、そうすると選択幅は広がると思います。
「身丈直しをしたい」と云う希望について、裾をチョッキンと切ってしまうだけなら比較的安く済みますが、その方法ですと妻下の長さだけが短くなりますので、1寸(約4cm)以上も短くしてしまうと身丈と妻下のバランスが崩れ、着姿が見苦しくなりますのでしないほうが無難です。しかしながらきちんと仕立て変えるのであれば、長くするにしても短くするにしても腰のあたりの内揚げから出入れるかしかないので縦の縫い目を全てほどいて衿も外してバラバラにして縫い直す必要があり、すると当然加工代も高くなってしまいますのでよほどいいきものでない限り、身丈直しはお勧めいたしません。

・身幅
 
 身幅はこれこそ一番自由度の利く部分です。標準的な寸法は衽幅4寸(約15cm)、前幅6寸(約22.5cm)、後幅8寸(約30.5cm)となりますが身幅は着る人が自由に調整しながら着用するものなのでかなり自由ききます。目安としては痩せ型…前幅6寸(約22.5cm)程度、後幅7寸5分(約28.5cm)から8寸(約30.5cm)程度(前幅は6寸より狭くすることは比較的少ないです)標準体型…前幅6寸(約22.5cm)から6寸5分(約24.5cm)、後幅8寸から8寸2分(約31cm)程度ちょっとふくよか…前幅6寸5分から6寸8分(約25.5cm)、後幅8寸から8寸2分程度かなりふくよか…前幅7寸(約26.5cm)以上、後幅8寸5分(約32cm)以上でしょうか…?。もちろんいろいろな着方が有りますので、あくまでも目安です、きもの選びの参考にして下さい。

・袖丈
 着物でいう袖丈は洋服の袖丈とは違い袖山から袖の下(振り)までの長さで、洋服の袖の長さ(着物でいう裄)とは違います、標準は1尺3寸(約49cm)ですがリサイクルのきものの場合、現代のようにほぼ全ての着物が1尺3寸固定ではなく1尺2寸(約45cm)から1尺5寸(約57cm)それ以上の長さの物も有ります。
注意点は長襦袢を選ぶとき、着物寸法が49cmでしたら長襦袢寸法の袖丈は48cm程度で着物の袖丈よりも少し短めになります。袖丈49cm丈の寸法はあくまでも着物の寸法であり長襦袢の寸法はその内側の寸法できもの袖丈よ同じように羽織やコートも49cmの長着に合わせるものは袖丈を少し控える48cmの丈のものが必要です。

・裄

 裄はリサイクルに限らず、きものの注意ポイントです。身丈はや身幅は着方で調節することはでき、袖丈も多少寸法が違っても振りのあたりから見えるだけで目立ちませんので多少寸法が合わなくても着用できるますが裄だけはNG。一般的には着方での調整はしにくい場所ですので他の部分よりも注意が必要です。
要は袖口から長襦袢が出なければいいので、どうしても気に入った着物の裄が自分の手持ちの長襦袢より短かった場合でも長襦袢の肩の部分を少し糸でつまんで裄を短くするなどで回避することはできます、夏物は薄いので糸やピンで留めた部分が透けたり、段差が見えてしまう場合がありますので要注意です。もちろん着物の裄のほうが長い場合はよほど寸法が違って振りから長襦袢がベロンと出てくることではない限り、気にする必要はありません。
又、裄直しも全ての着物が希望通りに出せるわけではありません、基本的に古い着物反物は幅が狭いため手の長い方の裄丈は出ないこともまま有ります。目安としては66cm程度まででしたらよほどのことがない限り大丈夫ですが、それ以上は難しいと思います、もちろんリサイクル着物であっても親の時代に作られたものから1年前に作られたものまで様々な年代のものがありますので一概には言えません。
posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクル着物の選びのポイント


◎ リサイクル着物の選び方

 まずは基本的なことから、着物の裄とはどこの寸法かご存知でしょうか。着物初心者は洋服と混同することが多いのですが、洋服でいう袖丈(手の長さ)が着物では裄(ゆき)という寸法になります。ちなみに着物でいう袖丈とは袖山から袖の一番下の線(振り)までを指しております。
 着物の裄のサイズは着物を購入するにあたって一番大事な部分です。身丈はおはしょりがありますので調整ができますし、身幅もある程度自由に合わせられますが、裄はお端折りなどのように自分で調整できる部分がありません(着慣れた方は帯で多少調整しますが)。着物はサイズが多少違ってもそれほど問題なく着られるのがメリットですがこの裄だけはシビアに見定める必要があります。
とはいえ、今回はリサイクル着物に限定してのお話です、リサイクルの着物は既に仕立て上がっている着物ですからその寸法だけにとらわれていると選択肢がすごく狭まってしまうので、なるべく選択肢を狭くしないように、又、できるだけ着姿が美しくなるようなお話ししたいと思います。
 現在、裄はキチンとでは手首のぐりぐりが隠れるぐらいが標準といわれておりますが、この着方では昔に比べて非常に裄が長くなります。昔は着物が生活に密着しておりましたので今のように皺一つなくビシッと着るというわけではなく、ある程度胸元をゆったりと楽に着る方が一般的だったため、昔の着物を現在の着物の着方でしっかりと身頃を打ち合わせて,キチンと着物を着ようとすると、とても裄が短くなってしまいます。
 着物初心者の方はご自身の寸法はよくわからないと思いますが、着物の裄については一番気をつけるべきところで、裄だけ守れば着物選びは、それほど難しいことではないと思います。その「気をつけるべきところ」とは「長襦袢が着物の袖口から出ないこと」です。ちょっと意外かもしれませんが、着物の寸法は体に合わせるのも重要なのですが、きもの選びのもっと重要なことは長襦袢に合わせる方が大事と言っても過言ではありません。

 きものの知恵袋

 きものリサイクル店は新品を扱う呉服屋と比べるとお店に入りやすいと思いますので、ぜひ一度お店に足を運んでみてください。お店の方と顔見知りになって雑談が出来るようになるとしめたものです、雑談をしているうちに着物の知識も自然に身につきますし、又、思わぬお得な情報を知らせてくださる場合もあります。
posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクル着物を購入する


 リサイクル着物

 新しいきものを誂えるのは呉服店に任せれば特に問題なく出来上がってきますが、リサイクル着物は前に一度,仕立て上がって他人の手に渡っていますので、新品とは違い、色々気をつけなければならない部分があります(その分安価に手に入るのですが)。

リサイクル着物の選び方。

・まずは使用目的を明確にする
例えば手芸の素材用でしたら多少シミがあっても良いところだけ取って使えば作品が出来上がりに支障は有りません、又、カラオケ用でしたら暗いステージで観客との席が少し離れているので多少のシミが有ってもわかりません。しかしリサイクル品をしつけ糸付きや全く汚れがないものを選ぶと値段も高くなりますので、ご自身がどういった使い方をするのかを明確考えて選ぶと良いでしょう。

・好みの色柄を選ぶ
又、いくら着物が好きでも嫌いな色や柄では当然きものをきて楽しむことはできません。ご自身の好きな色、柄を選ぶためには品数が多い店で見分けた方がいいですが楽天市場やYahooショッピング、などのショッピングモール例えば手芸の素材用でしたら多少シミがあっても良いところだけ取って使えば作品が出来上がりに支障は有りません、又、カラオケ用でしたら暗いステージで観客との席が少し離れているので多少のシミが有ってもわかりません。しかしリサイクル品をしつけ糸付きや全く汚れがないものを選ぶと値段も高くなりますので、ご自身がどういった使い方をするのかを明確考えて選ぶと良いでしょう。

・きものの状態確認する
リサイクルの着物の状態は様々ですので状態は十分確認する必要があります。着物で特に汚れやすい部分は衿山です、まずここをチェック、広衿の二つ折りの部分はファンデーションなどが付いていることが多いし、袖口内側の袖口布部分はよく気をつけて見てくださいネット通販の店でしたら此の部分は重点的に検品していると思いますが要注意です、実店舗で購入する場合にもこの部分は気をつけて見ることをお勧めいたします。そして胸と上前も汚れのつきやすい部分なのでよく点検しましょう。通販も返品を受けってている所もありますが(すべてではない)、実店舗ですと返品交換を一切お断りの所が多々ありますので、必ず店内でよく点検するようにしてください。

・寸法を確認する
気に入った色柄を見つけ状態も良ければ寸法を確認しましょう。ご自身の大体の寸法はご存知でしょうか…?。きものは洋服と違ってそれほどサイズがぴったりでなくても着用することはできますが、やはりある程度はご自身の体格に合わせる必要があるでしょう。そこで参考にため一般的な寸法の目安を書いておきます。

・身丈 身長±5cm程度
例えば身丈156cmの着物でしたら約151cm-161cm程度の方に対応できます。きものに慣れた
方ですとおはしよりの調整で±10cmでも着用可能ですが、着慣れない方には着崩れの原因となりますのでお勧めしません。そして身丈の寸法直しは衿や身頃を全てバラバラに外し再度組立てる必要があり費用も高くなりますので、よほどの逸品以外はお勧できません。

posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクル着物のチェックするべき所


リサイクル着物のチェックするべき所の寸法

・後ろ布(約22.5cm)程度、後幅7寸5分(約28.5cm)から8寸(約30.5cm)程度(前幅は6寸より狭くすることは比較的少ないです)
標準体型…前幅6寸(約22.5cm)から6寸5分(約24.5cm)、後幅8寸から8寸2分(約31cm)程度ちょっとふくよか…前幅6寸5分から6寸8分(約25.5cm)、後幅8寸から8寸2分程度かなりふくよか…前幅7寸(約26.5cm)以上、後幅8寸5分(約32cm)以上
でしょうか…?。もちろんいろいろなやり方が有りますので、あくまでも目安とお考えいただいて着物選びの参考にして下さい。

・袖丈
着物でいう袖丈は洋服の袖丈とは違い袖山から袖の下(振り)までの長さで、洋服の袖の長さ(着物でいう裄)とは違います、標準は1尺3寸(約49cm)ですがリサイクルのきものの場合、現代のようにほぼ全ての着物が1尺3寸固定ではなく1尺2寸(約45cm)から1尺5寸(約57cm)それ以上の長さの物も有ります。もちろん長襦袢とぴったり合っている袖丈が理想ですがそうもいかないので袖の中で少し長襦袢が遊ぶと言ったこともある程度覚悟したほうがいいでしょう。
 注意点は長襦袢を選ぶとき、着物寸法が49cmでしたら長襦袢寸法の袖丈は47cm程度で着物の袖丈よりも少し短めになります。ご自身の寸法を記憶しておられる方は多いと思いますが、何度かメルマガでも書いておりますようにこの寸法はあくまでも着物の寸法であり長襦袢の寸法はそこから2cm程度差し引く必要がありますので注意が必要です。
同じように不思議に思われるでしょうが羽織やコートも49cmの長着に合わせるものは48cmの丈のものが入用です、これはお袖が同寸の場合着物と羽織やコートにそでとの間にスキができるからです。
・裄
裄はリサイクルに限らず、きものの一番注意したいポイントです。身丈はや身幅は着方で調節することはできますし、袖丈も多少寸法が違っても振りのあたりから見えるだけで目立ちませんので多少寸法が合わなくても着用することはできると思いますが裄だけはそうはいきません。一般的には着方での調整はしにくい場所ですので他の部分よりも注意が必要です。
とはいうものの、何度もメルマガで書いておりますように要は袖口から長襦袢が出なければいいので、どうしても気に入った着物の裄が自分の手持ちの長襦袢より短かった場合でも長襦袢の肩の部分を少し糸でつまんで裄を短くするなどで回避することは可能ですが、夏物は薄いので糸で留めた部分が透けて見えたり、少し段差が見えてしまう場合がございますのでご注意ください。もちろん着物の裄のほうが長い場合はよほど寸法が違って振りから長襦袢が大きく出てくるといったことではない限り、それほど気にする必要はないと思います。
又、裄直しも全ての着物が希望通りに出せるわけではありません、基本的に古い着物反物は幅が狭いため手の長い方の裄は出ないことも多々有ります。目安としては66cm程度まででしたらまずよほどのことがない限り大丈夫ですが、67cmは少し難しいこともあるという程度、もちろんリサイクル着物であっても20年前に作られたものから1年前に作られたものまで様々な年代のものがありますので一概には言えませがリサイクル着物を購入するときの寸法の主な注意点としては以上でしょうか…?。





posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクルの着物を購入する時の寸法,目安


リサイクルの着物を購入する時の寸法,目安は…?。

 リサイクル着物や既製品でご自身の寸法にこだわってしまうと極端に選択肢が狭まってしまうので、多少寸法が合わなくても、その着物を楽しむ方法を理解した上で購入する、また、自身の寸法はきっちり把握して奮発した良いものを購入した時にはその寸法で誂える、というのがお薦めです。これからの長い着物人生、何回かは別誂えで仕立てることもあると思うので、その時にその場限りの寸法で誂えていると後になればなるほど面倒なことになってしまいます。
 今まで呉服店には行ったことがなく、親から譲ってもらったり既製品やリサイクル品を購入しているため、ご自身の正確な寸法がよくわからないという方。呉服店に行くと正確な寸法を測ってもらえるのですが、なにせ呉服店は敷居が高いです、きものの場合は洋服と違いあまり厳密に考えず、大まかに考えると良いと思います。きものも今も昔も大・中・小(L・M・S)大体は標準寸法的にパターンが決まって居ます。よほど細い・太い・高い・低い方以外あまり変わりはありません。標準寸法と考えて良いのは洋服で9号〜13号サイズまでです。
 ただ、リサイクルきものは昔の方の小柄な方が多かった時代のものが多く着物自体の布幅狭く、布丈が短いので寸法の小さい物、着丈寸法の短い・裄の短いのが多いので、まず、自分の身長に合わせたものを見つけたいものです。
 着丈の合わせ方 = 身長+5センチ〜10センチ 

 これは着物を着付けする時の腰紐の位置で変わりますので短かめの時は腰の位置で、長めの時はウェスト位地での紐を結べば落ち着きます。
posted by kimono 1 at | リサイクルの着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品