お値段だけで決められない…?


「いいもの」というのは何を意味するかで変わってくると思います。「手の込んでいるもの=いいもの」といことであれば「高いもの=いいもの」という事になりますが、着物は伝統工芸的品とファッション的な側面の両面があります。
 例えば、大島紬はその絣の細かさによって5マルキから12マルキまであり、数字が大きくなるに従って糸が細くなり、絣が細かくなります。12マルキなどになりますとパッと見た目には染か織かわからない程の細かい緻密な絣で相当な熟練職人にしか織ることが出来ません。もちろんこの織物は伝統工芸品としては非常に優れた技術で織られたものということは疑う余地はないのですが、ファッション的に考えると絣が細かくても関係がないと思います、実際に5マルキのほうが絣が大きくてはっきりしていて好きという方も多くおられます。
 現在は高級品指向が強く、比較的安価で購入できる5マルキがほとんどなく7マルキ以上の絣しか見られません。又、大島紬の風合好むのであれば染の大島紬も良いではないかと思います。生地は大島紬ですが、後染のため一番手間のかかる絣作って織る手間が必要ないので非常に安く作れます。染の大島紬は賛否両論あるとは思いますが、風合いは織も染も全く同じなので選択肢の一つと考えるのも良いのでは…?。
 以前京都の問屋のベテランの方が結城紬は目をつぶって触るだけで亀甲数がわかると豪語していましたが亀甲が細かくなるに従って糸が細くなるのでその布の厚みを感じることによって亀甲数がわかるんでしょうね。
 確かに160亀甲などの絣の細かい結城紬は高価ではありますが、こちらも上に書いた大島紬の例と同じく、手は込んでいる品も多くありますがそれがファッション性に優れているかどうかは別問題です。それどころか、着物愛好家によっては絣が大きい方が生地が厚く、ほっこり、暖かみがあるから80亀甲あたりのほうがいい、絣の大きい方を選ぶ愛好家も多くいらっしゃいます。
 きもののファッションという要素を重要視するのであれば必ずしも高いものがいいものとは限らないですねー。




posted by kimono 1 at | 日本の手仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品