きもの姿できれいに写真映る方法。


折角のお正月、きものを姿をきれいに写真に残しましょう―。
 お正月になると街にきものでお出かけをすることが多くなりますが…折角です、きもの姿を写真できれいに残しましょう。チョットした心得できれいに写真が写せます。
 まず立ち位置 体を30度から40度斜めに、カメラの位置を上の方に(階段3段ほど上から)下を向けて取ってもらうとほっそりと移ります。

 目線 = カメラのレンズの真ん中より上部を見ると目が大きくぱっちりと移ります。


 襟 = 左右対称になっているか確認する。

 手 = 手先を少しだけ重ねる(手先だけ)。

 足 = 右足を少し前に、左足を5センチほど引く。

 座って移すときは椅子に浅く座る、基本は体の左側が映るようにする。
 
サーきもの姿をきれいに映して残してください。



posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品