大切着物お手入れ


着物を着た後は出来るだけ早く衣文掛けに掛(つるす)体温を逃がすことがお手入れの基本です、その後、、体温(湿度)が残るとカビ、変色の原因になります。

・ 汚れのチェック
着物のお手入れはできる限り、早い方が良いのです。全体的にシミや汚れなどがないか、チェックします。
衿、袖、裾、裏地など見落としが無いように細かく確認しましょう、特に袖口裏に気を付けて。

・ 陰干し(風通し)
衣紋かけ(着物用ハンガー)にかけて、風通しの良い日陰に干しましょう。
又、タンスに保管したままの着物や帯も、最低でも年に一度は陰干しを行い点検、害虫を取り除くとともに、カビ・変色を防止しましょう。

・ ブラッシング
やわらかい布類で、着物を全体のホコリを払っていきましょう。羽毛で払うようにやさしくねー、しわが付いている場合は、当て布をしてから低温設定でのアイロンがけを行ってください。

・ たたむ
着物や長襦袢は元から付いている折り目に沿って正しく畳むことで余計な折りジワがつかないようにします。

お着物を美しく保つためにも、手間暇がかかりますが湿度管理と防虫対策は重要です。

posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品