コーディネートで装いの表情が変わる


 着物の楽しみと云えば着るのが一番の楽しみなのですねー、でも、その前の楽しみとしてコーディネートがありますよね。タンスから着物や帯を出して「ああでもない、こうでもない」うーん、です。帯一つ、いや、帯締めや帯揚げ、顔に近いところにある半衿一つでパーと印象が変わるので…、そう考えると小物一つにも気は抜けません。
 ところがどうやっても普通のコーディネートしかできない。着物関係の雑誌などを参考に…ウ―ン大して変わりなく面白くもない。雑誌を見ていると誰が見てもほぼ及第点で恥をかかない安全な取り合わせで…残念。
 以前、外国の人でジーンズに絽の羽織をひっかけているのを見て「何だあれ?」と思いながらまた反面「エーこれ素敵―」と思ったことがありましたが、日本人が日本の民族衣装の着物ではどうしても俗に云う着物着付けの常識にとらわれてしまい面白みのないコーディネートになってしまうようですねー。
 以前、紅白を見ていて着物の裾をたくし上げて帯代わりに細紐で袖のついたワンピースのように装った歌手が居ましたが、その時、このような着方もあるのでなーと感心したことがありました、又、最近は子供の浴衣にレースやフリルスカートなど少しコーディネートされたものがでてきていますよねー、時代と共に着物も変わっていくのは当然なのでしょう。
 でも、特にホーマル時で「変な組み合わせね」と言われるようなことがあってはならないので好き嫌いの別れるコーディネートよりも安全マージンを取ったコーディネートになってしまいます。
 着物の雑誌などを見ていても誰が見ても無難で清楚な着姿とコーディネートになっていると思います、おそら不特定多数の雑誌の愛読者向けであまり飛んだコーディネートの提案ができないのだろうと推測します。
 誤解のないように先に申し上げますが、フォーマルじゃなければどんな格好をしてもいいと思います。世の中、どのような着物のコーディネートで完全にぶっ飛んだ格好であっても誰に迷惑をかけるわけでもなし、自由に楽しんでほしいと思います。と云いながら固定観念からの脱失が出来ない私ですが…トホホ。
 着物のルールもコーディネート方法これからも時代に応じて変わり続けるでしょうねー。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ざらめカステラ 1箱 長崎かすてら
価格:1300円(税込、送料別) (2018/1/20時点)




















posted by kimono 1 at | 時それぞれの着物の装い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品