1つ身 百徳の着物 


 今昔、変わらぬ親心、子供の無事の成長を祈り、1寸や2寸の数多くの端切れを他所から戴いて1枚の着物に仕立てる。端切れを縫い合わせる縫い目には子供を守る力があるという。
 小さな子供の1つ身は布幅が1幅で仕立てられるので縫い目がない、縫い目とは目に通じ、人の顔には目があるから前を見ることが出来、あいにく背中には目がないので代わりに背縫い目が後ろを守ってくれる、しかし小さな子供の着る1つ身には肝心の目(背縫い)がない、そこで必要な縫い目の代わりに背守りを入れたり、付けたりします、その究極の願いとして親類や友人たちから布端を戴いて、前、後ろを守って頂き元気のに育つよ願って子供に着せた後、お寺に納める。昔、北陸地方特に金沢地方でおこなわれました。
 百徳の着物の時代よりグーと下がった昭和の時代にも100人針と云う弾除け…元気でと願いの縫い目もありました。



posted by kimono 1 at | きものいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品