初心者にとって羽織は便利ですよ。


◎ 初心者に羽織が便利な理由 1
 初心者の強い味方の羽織は着物の上から羽織るだけの物ですので帯の結び方とか、着物だったら後ろ姿の帯結びとかいろあるんですが、引っ掛け羽織るだけだから…、羽織るだけで着物姿が完結してしまいますので便利です。
 羽織って隠すので帯が多少どうかなー感じでも上から羽織を羽織るとあーら不思議。それなりに見られる着姿に見えてくるんですよ。だから着物初心者であればあるほど羽織はお薦めします。

◎ 羽織が便利な理由 2
 初心者にとっては意外とフォーマル物は持ってないんですよね。まあ、フォーマルものなんて1着あれば事足りるので着物ファンであれば普段着の着物対フォーマル物の割合が普段着の方が格段に多くなります。
 そういう方にもやっぱり羽織をお勧め致します。羽織の中で絵羽織というものがありまして、訪問着等と同じように背縫いなどを超えて柄がつながっていて羽織が一枚の絵になっているようなものです、こういうものを「絵羽織(えばおり)と呼びまして、通常の羽織よりも格が上になり、小紋の上に着ると訪問着の格になりますので小紋+絵羽織でフォーマルな場所へも出かけることが出来ます。
 リサイクルの着物でも羽織は多く販売されているんですが、現代の流行は長羽織でして、ひざ下辺りまでの丈で仕立てることが多く、昔のリサイクル品の腰が隠れる程度の丈の短い羽織は敬遠される傾向にあります。正直、短めの羽織を来ているのを今見かけたら何となく古臭い印象を与えます。
 ただ、これもスカートと同じように、時代とともに長くなったり短くなったりするものでして、またそのうち短めの丈が流行するかもしれませんね。
 又、羽織の反物というと、一般に道中着や道行コートを作る「羽尺」と言われる着物地の「着尺」よりもやや短い反物ですが、羽尺地は種類が少なく、面白い柄も限られているので着物地からも羽織やコートを作ることもおすすめ。着物地よりも羽織は短い長さで仕立てることが出来るんですから当然ですよね。
 羽織やコートに合う柄、合わない柄はありますが、理屈上は着物の反物だったらかならず羽織にも使えるはずなので、羽尺地で面白い反物が見つからなかったら着物用の反物を探してみるのもひとつの方法です。





posted by kimono 1 at | きものを楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


レバレッジ金融商品